真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

車間を詰められたら煽られたと思うもの。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 昨日辺りから暖かくていいですね。3月から4月並みの気温なので春の暖かさでした。これが週末だったら最高でしたが・・。明日から共通テストが行われますけど、天気は今一つなのですよね。勝負の受験シーズン到来です。案ずるな受験生!

news.yahoo.co.jp

 私が交通トラブルのリスクで恐れている一つがこれです。『無意識な煽り運転』と言われましても、一見すると無意識なのか意図的なのか、何やら矛盾しているようにも聞こえますよね・・。ただ、ネット上ではこれを俗に『煽らせ運転』或いは『煽られ運転』と呼称して、煽られたドライバーを煽られる前にこれらの行為をしたと頭ごなしに決めつけて叩いているわけです。その話は一旦置いといて、これらの運転行為によって煽られているわけではありません。逆にもう既に煽られていると思い、防衛手段に徹しなければなりませんと、以前何度も書いております。私は後ろから車間を詰められたら先を行かせております。そうしなければ、前方の車両が急に止まった際に自分の車も止まった時に追突事故に遭う可能性があるからです。煽り運転の加害者であっても事故は起こしたくないのですから、それを回避する方法としてなるべく後方に車間の近い車がいる状態で継続的に走行を避けるようにしております。やはりいくら煽っているつもりがなくとも車間を詰められたら怖いですよね・・。だから煽られても仕方ないのは当然あり得ませんが、「煽られた!」と訴えられても仕方ないと思うのですよ。『車間の無さは余裕の無さ』と言いますね。

 

 置いてた話を戻して、何故煽られたドライバーが必ず『煽らせ運転』『煽られ運転』をしたと決めつけて叩くのかと言いますと、「何もしてないのに煽られるわけがない」と思っているからに他なりません。しかしこれは本当に的外れや見当違いも甚だしく、何もしてなくても煽られるケースは実際起きておりますよね。何せ一つ考えられるのが、加害者は乗る前から何かしらストレスを抱えていて苛立った状態にあったとも考えられますし。で、前の車が自分の車の速度よりも遅かったり前に割り込まれたりするなどペースを乱れた時にたとえ些細な程度であっても、理性が保てない故に自制が出来ずにロードレイジを起こすべく煽りに走ってしまうわけです。

news.yahoo.co.jp

 3ページ目にあった20歳の大学生のようなケースはちらほら見かけますね。キャラを叩くというか作品を叩いているのですよ。恐らくいい作品いいキャラなのに何だか裏切られた気分なのでしょうね・・。で、この手の二次元界隈でラノベに限らず特に叩かれているのがVTuberことバーチャルユーチューバーですよ・・。そのVTuberというよりかそれを運営しているクリエーターを叩いているのでしょうかね。クリエーターがいて成り立つワケですから。あ、そうそう。ショッキングだったのが最近ありました。機動戦士ガンダムシリーズの最新作の『水星の魔女』の12話(ED後の最後のシーン)です・・。OA当時『フレッシュトマト』がトレンドインされていて何事⁉って思ったほどです。これ程ショッキングだったのは魔女の旅々9話(遡る嘆き)以来でした。