真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

東名高速の煽り死亡事故による裁判で進展。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 関東・甲信地方で梅雨入りしたとみられると発表されました。雨が降るだけでなく寒いです・・。やはりオホーツク海高気圧の影響でしたか。農家を悩ませる厄介な存在ではありますが、暑がりな自分にとっては恵みの自然のクーラーでもありますね。暑いよりは全然マシです。

news.yahoo.co.jp

 東名道の煽りによる死亡事故の差し戻し裁判で進展がありました。横浜地裁危険運転致死傷罪などの罪で懲役18年を求刑。感情論抜きでせめて検察の求刑通りになってほしかったところでしたね。しかし被告サイドはこの採決に不服として即控訴に。いくら控訴しても不利になるだけだと思いますが・・。しかし被告人の弁護士は大変ですよ…。逆転無罪を勝ち取る方法を考えなければなりませんから。どうか被害に遭った方々が浮かばれるためにも検察や遺族の求刑通りになってほしいですね。

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 非常におかしいのはどちらの方がなのでしょうか・・。元交際女性曰く、「足でハンドル操作する」車のハンドルを足で回すドライバーなんて真っ当なドライバーなら全く考えられない行為です。それらの背景から、裁判長が「動機が自己中心的で身勝手。結果が極めて重大で反省もうかがえない」と言い渡すのも納得できます。裁判中被告側の公判供述が曖昧で、保身に走るために「自分の方が煽られた。」と主張する始末ですか・・。しかし自身の車のGPSによって、完全無欠の嘘であることが暴かれていると記事にあります。どんなに無罪を主張しても事実からかけ離れているので、これでは被告サイドの弁護士も立場があったものではありません・・。主張すればするほど不利になっていく一方です。いくら控訴しても勝ち目は無いでしょう。