真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

著名人も煽り運転で恐怖体験が。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 このところ記録的な暖かさが続いておりますが、花粉や黄砂の飛散だけでなく、寒の戻りにも注意が必要です・・。

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 この加害者もDQNドライバー故に「俺はやくざだ!」と脅してましたか。いくら否認してもニュース映像のように脅している証拠が残った以上は言い逃れはできません。完全無欠の逮捕事案ですから。これだけ否認して食い違うってことは、加害者は「自分は悪くない」と思っている証拠ですよ。この前上西氏のYouTubeチャンネルにてなぜ事故映像と件のドライバーの言い分が食い違うのか?というテーマの動画がアップされていましたけど、上西氏はあくまで専門家の目線で指摘しなければなりませんから、「嘘つくな!」なんて口が裂けても言えないのですよ。ただ、一般ドライバーの我々なら「完全にドライバーの漫然運転ではないか!轢いた歩行者をしっかり確認していない。」と思うのも禁じえません。・・というように、何かとドラレコ映像と加害者の言い分って往々にして食い違うのですが、そこには「俺は悪くない!相手が悪い!」と思い込んでいるからだそうです。以前、特集組んだ際にコメンテーターで登場していた藤井准教授がこういってましたよね。『自分が正しい症候群』と。納得です。コメント欄にもそういう学習能力皆無な連中が相変わらずチラホラいてまだまだ交通トラブル減りそうにありません。まず自分がいの一番に「気を付けなければ。」と思わないのですから実に悩ましいです。そんな不届きな連中にもってこいの居場所があります。それは『正直者の国』です。(笑)つまり本音でしかモノが言えない国ですから、ネット上で書いた内容を面を向けて声に出して言ってみては?って思ったわけですよ。「煽られる方が悪い。」と。十中八九双方で煽り合いになって終いには殴り合いになりますよね。そうやってロードレイジを起こしているので収拾がつかなくなるのが見え見えです。

news.yahoo.co.jp

 そうなのですよ。マツコさん、何かしら苛立ってしまう運転行為をされたことに対して相手にしないという賢明な判断が出来ず、「自分を煽らせた相手が悪い。」と平然と言い訳をする不届きなDQNドライバーが一定いるのですよね。マツコさんの仰るように、そういうやべー奴らには不用意に注意しないことですよ。