真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

質の悪い歩行者にも気を付けなければならない件。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 今日で東日本大震災から11年が経ちました。今でも被災地に住む方、また被災地から離れて住む方々にとって、それぞれ思いを募らせるものは多々あります。まだまだ復興の途中にありますし。今後震災を知らない子供たちにどう語り継がれていくかなど、まだまだ課題は多いですが、それでも少しずつ一歩一歩、復興の歩みを止めることなく進めなければなりません。これだけの甚大な被害を受けながらも時計の針を止めることなく復興へ邁進する人々や、他地方並びに諸外国からの激励などのおかげで私も勇気を貰いました。11年たった今でも感謝の気持ちが一入です。今後被災地が再び活気づくにはまずコロナが一日も早く終息するだけでなく、ウクライナでのロシア侵攻が終わることも祈るばかりです。同じ甚大な原発事故が起きた国という共通点がありますから。

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 コメント欄は予想通り「ドライバーが喧嘩を売るようにしてクラクション鳴らした。そりゃ俺だってキレるわ。」などと車を殴打して暴言を吐いた歩行者に同情する書き込みが多かったのですが、そりゃドライバーもあのクラクションはまずかったのは重々承知の上ですよ。確かにニュース映像見てると、決してそこまで急に道路へ飛び出してきたわけではありませんでしたから。しかし、どうも「明日は我が身」と思わず他人事と捉えているようで・・相変わらず読んでて嘆かわしいです。そうやって書き込んでる連中も、横断歩道上を渡らずに目の前を無理矢理横断して来たらクラクションすら鳴らさずに余裕持って回避できる自信はあるのでしょうかね?前に当ブログで書いたように、これ程クラクション鳴らしたのはそれだけ余裕がなく危険を感じたからでしょう。感覚なんて人それぞれですし、とやかく一のドライバーの立場で被害に遭ったドライバーのことを「被害者ヅラするな。」等、ただただ感情論剥き出しでとやかく悪口を書き込む謂れはありません。次第によってはれっきとした誹謗中傷行為になりますから。これも何度も当ブログでしつこく書いているように、被害に遭ったドライバーの運転行為の問題点について触れられるのはあくまで取り締まる警官や、事故鑑定士等のような交通社会問題に精通した専門家等だけ。一のドライバーである我らは何について触れるべきかというと、クラクション鳴らされたことで暴言吐き、ミラーを殴打したDQN歩行者でしょう。横断歩道で渡らず、無理矢理道路を横断して車やバイクと接触事故が起きると何かと「歩行者が無茶な横断してきたのに車が悪くなるのはおかしい。」とか書き込むのですから、このケースでこそ、そうやって質の悪い歩行者を非難して然るべきですよね・・。こういう交通トラブルのニュースだと、ホントコメント欄は「え!!?非難の矛先はそこぉ!!?」と何度も言わせるような、実に憮然になるのも禁じ得ない内容ですよね…。まぁ・・当然の話ですが、いざ運転する際はそんな感情をいちいち持たずに且つ相手を信用しないこと、とにかく相手にせず自分を守ることを優先する運転に徹すればいいですね。

 

 話は変わって、学校のブラック校則について。やはり滅茶苦茶ですよね・・。何故女子生徒のポニーテールは禁止にする必要があるのでしょうか。しかも理由が『髪を結んで見える項が欲情を煽るから』って……誰の話なのですか!!?男性教諭の話ですよね。わかります。・・って、全然何一つ理由になってませんよね!!些か何を言っているのかさぁ~~~っっっっぱりわかません!!ならばツインテールはどうなのですか?それだって、項見えますけど。因みにわが母校では女子生徒はロングヘアーにしてはならないという校則がありましたね。別に「ロングヘアーでもよくないか?」なんて私でも思いましたよ。こうやって女子生徒の不条理な校則を例にとって如何に教育現場がカオスになっているかが窺えます。それでは教師も余計に疲弊するだけですよ・・。こういった不要な校則を可能なだけ撤廃したら寧ろ良くなったという例も少なくありません。確かに我慢を覚えることも教育現場では必要ですが、校則で縛り付ける前に生徒一人一人がモラルを持ち、自発的に守ることを覚えさせるのも、より大事ですよね。