真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

数年に一度の大寒波に…。ただ、日本に限った話ではない件。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 いやぁ~寒い寒い!とかそういう次元の寒さではありませんね……。何せ数年に一度の大寒波が日本海側を中心に襲い掛かりましたから。特に西日本では厳しい冬になると以前の長期予報が出ておりましたが的中しました。勿論北海道や東北、北陸地方でも例年の如く大雪と厳しい寒さに見舞われております。宮城県内でも特に大崎市古川では30センチぐらいの積雪を観測しましたから・・。各地で凄まじい降雪と寒さを観測しております。再び寒波が到来するので警戒が必要です。

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 特に猛威を振るったのが滋賀県彦根市。70センチ以上の積雪に、市民も「今までこれ程降り積もったことが無い。」と口々にコメントする程。国道8号線などで車が立ち往生する交通麻痺が…。しかし福井県で起きた大規模な立ち往生の教訓が生かされたおかげで、今は解消されております。まだ起こらないとも限りません。電気なしで暖を取れる手段を持つなど緊急時に役に立つ備品を備えておく必要があるでしょう。まさか彦根市でここまで雪が降るとは思いませんでしたね・・。新潟県津南町青森県酸ヶ湯温泉山形県肘折温泉など全国屈指の豪雪地帯でドカ雪降るのは予想が付きますが。ただ、滋賀県内のスキー場の従業員や関西地方在住のスキーヤーは喜んだことでしょう。

news.yahoo.co.jp

 一方海外でも強烈な寒波に見舞われたのが、夏に50℃近い高温を観測したカナダ。氷点下50℃って・・ロシアのサハ共和国じゃあるまいし……。言うまでもなく北海道陸別町の比ではありません・・。まぁ・・しかしカナダもだいぶ北に位置しておりますからこれくらい寒くなるのは決して不思議ではありませんが。

 

 最後に競馬の話を。今年はコントレイルが復活を遂げてラストランを飾り名馬にふさわしい退き際に。そして、そのコントレイルに代わるヒーローがエフフォーリアです。26日に行われた有馬記念で得意の距離から500m加わっても全く苦にすることなく圧倒しましたね。で、年度代表馬の選考がますます難しくなってきました。父の横山典弘騎手が25年前にサクラローレルで制して(因みに売上が875億円と世界最高額をマークした96年)親子で有馬記念制覇となりました。また騎乗した横山武史騎手は更に昨日行われたホープフルステークスでもキラーアビリティに騎乗して制して年間でGⅠを5勝するなど年間勝利数は3桁と、23歳で中央競馬のトップジョッキーに加わりました。こういう若手が出てきて父親はもちろん、競馬関係者もファンも安泰でしょう!近年はルメール騎手とデムーロ騎手と外国人騎手に主役を取られているので。来年は兄の横山武生騎手も加わって兄弟でリーディングジョッキー争いしてほしいところです!タイトルホルダーがエフフォーリアのライバルになってくれれば。

 

 それでは、良いお年を!来年もよろしくお願いします。