真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

有り得ないタクシードライバーの応対。他

 こんばんは。真兵衛です。

 

 西日本では先月まであれ程暑かったのに、ここ数日は暖房が必要な程の寒さに見舞われていますよね・・。全国各地で寒気が下りたことで不安定な天気となり、突風や落雷などが発生しました。こっちでも晴れていながら雨が降るパッとしない天気が続いております。

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 スッキリやモーニングショーでも取り上げていましたけど、ホントこのタクシードライバーの応対は実にあり得ませんね……。塩対応しておきながらエコーカード抜かれた途端に態度を凶変して「なんで抜くんだ!俺はクビになるんだぞ!頼むから戻してくれ!」と女性客の鞄までに手を伸ばしてきましたね。で、女性客は「いいから降ろしてほしい。」と何度も訴えるも聞いてもらえず監禁状態にありました。警察が駆け付けるたら保身に走るべく「客がアクリル板を壊そうと暴れた。」と大嘘を吐く始末。また謝る態度も女性客の仰る通り全くと言っていい程なっていませんでしたし。もうこのタクシードライバーは終始接客対応が滅茶苦茶でしたよ。エコーカードを抜かれて真っ当な意見を書かれて「クビなるからやめてくれ!」と困る程やましくなっていましたが、どうやらこれが初めてではなくて以前にも指導を喰らっていたそうで…。いくら個人事業のタクシードライバー雖も最低限タクシー車内を映すドライブレコーダーは装着しておくものなのですがね。この前京王線の電車内で起きたような暴漢等が刃物や燃料を撒くなどして命に関わる程の事件に遭ったらどうするのですか。そんな中で乗客はしっかりスマホのカメラで映像を残し、証拠を残したのは天晴でしたね。そうやって証拠を残さねばいざ警察が仲裁に入っても証言が食い違い泣き寝入りという最悪な事態になりかねません。実際全然食い違ってましたから尚更です。ドライブレコーダーを付けることでドライバー自身も監視下に置かれます。しかしそうすることで自身の身を守る術を手に入れるのですから、これは必須化しましょう。

 

 話は変わって、前回までの話の続きになります。私は『煽られたドライバーが煽られる前に何をしたかはどうでもいい話です。』と書きました。そう、それは一方的に煽られたケースが多いのでそうやって結論付けたまでですから。しかし、もっと視野を広げれば、中には煽られたドライバーが一方的かどうかも怪しいケースもあります。いくら煽られたドライバーが「不注意からであって、(相手に危害を与える目的で)煽ったつもりはない。」と否定していても、加害者からすれば「先に煽られた!」と思われても不思議ないようなケースで、特に当ブログで何度も何度も例に挙げた去年の3月末に札幌市で起きた白の乗用車とトラックによる煽りの件は特に該当しておりますので。つまり、ネット上で俗に言われる『煽られ運転』『煽らせ運転』のうちの一つ。他にも強引な進路変更による割込みも、次第によっては妨害運転と見なされる事案でしょう。綾人氏が一昨日アップしたYouTubeの動画で追いつかれ義務について触れる前に大型トレーラーが走行車線に復元する際に強引に進路変更してきたヒヤリハットの映像が映されましたが、これを専門用語で『被せ』と呼称していると紹介していて勉強になりました・・というのは置いといて、その被せという行為はされた側からすれば「煽られた!」と思うのも無理はないでしょう。私もその映像見てて「恐らく後方確認をあまりせずに復元した不注意によるものだろう。」と、「これは煽りと思われても仕方ない。」両方思いましたね。というように煽られたと誤解されない運転も防衛に徹するためにも、大事になります。で、より大事なのがいくら煽られた!と思いイラっとしても、冷静になって相手にせず、何もせずに怒りを流すスルースキルを発動できるかどうかですよ。要はアンガーマネジメントが出来てるかどうかです。これが何より大事ですから。前回書いたように何より加害者にならないことです。何せ幾らか気を付けて運転してもそれでもなお煽ってくるDQNドライバーはいっっっくらでもいますので、煽られたらマニュアルに従って対処しましょう。

 

 最後にやきうと競馬の話を。東京ヤクルトスワローズオリックス・バファローズがストレートで日本シリーズ進出を決めました!何と言いますか、「強い者は強い!」がぴったり当てはまるクライマックスシリーズでした。オリックスとしては26年前、またバファローズとしては20年前の雪辱を果たすチャンスが来たわけですか!楽しみです。今週末はエリザベス女王杯が行われますが、名レースが多い過去が。ウマ娘にもなってるヒシアマゾンが勝った94年とトゥザヴィクトリーが勝った2001年は何れも大混戦で3頭がゴール入線でした。また、2009年はクィーンスプマンテテイエムプリキュアと大逃げを打ってこの2頭がワンツーフィニッシュという大波乱が。翌年の2010年と2011年は英国から参戦したスノーフェアリーが淀のターフを銀世界に変えました。最後の直線で異次元の末脚でしたね。等々ホントエリ女は名レースが多いです。