真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

決して軽自動車はデメリットばかりではない件。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 早速本題に。

news.yahoo.co.jp

 以前当ブログで私が軽自動車やコンパクトカーといった5ナンバーの車しか基本乗らない理由について書きましたけど、記事の最後に「『街乗り』や『買い物』には最適という人も」という見出しがありましたね。そう、別に軽自動車だからと言って、決して排気量が低い、車内が狭い、高速道路を走行中に風に影響される等、デメリットが多いわけではないのですよ。持論になりますが、そもそも軽自動車はあくまで『生活の足』の役割を果たしているタイプの車であると考えております。街乗りにしても買い物にしても何れも近場へ行く足として利用しているので、比較的燃費も良く、道の狭い路地や生活道路でとても小回りが利いててうってつけなのですよ。寧ろ生活の足に大きな車は燃費の問題からして逆に不向きなのです。ただでさえ車体が大きくて狭い生活道路を走行するのはとても不便ですし・・。で、最大のネックが維持費になります。ならば「軽自動車でいいか・・。」と思うのも無理はありません。休日に車を乗り回す程のドライブが趣味ではないのならば、無理してでも3ナンバーの大きな車を持つ必要はないと思います。私の場合、たとえ高速道路を利用するけど追越車線を利用しない(勿論左から合流してくる車に入りやすくする例外も)というマイルールを設けているので5ナンバーのコンパクトカーまでで事足りているのです。で、軽自動車に乗車するのならば、高速道路自体利用しませんね。また、なるべく速い速度で流れているバイパス・道路専用道路を利用しないようにしておりますので。つまり、予めどうゆう用途で車を利用するのか?を決めた上で軽自動車にするかを選んだ方がいいかと。

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 あれ程危険な運転をしておいて何が「道を譲ってもらえない人の気持ちをわかってほしい。」でしょうかねぇ…。前回触れた5月に中学生を死なせる事故を起こし、起訴内容を認めた山田被告とまるで同じことを言ってますよ。本当に先を急いでいるのならばわざわざブレーキ踏んで妨害運転なんてせずにとっとと進めればいいのに。それどころか歩道を走っては左から追越しまでしていますからね・・。歩行者がいたらどうなっていたことか。プロのトラックドライバーで指導者の綾人氏は以前の動画で「進路を譲ってもらえないのは日常茶飯事なので、そんなことを一々気にしていたら仕事にならない。そうやって他責化していては運転を仕事でしているプロドライバーは大丈夫か?って思いますね。」と指摘。何せ加害者が普段ダンプカーを運転するプロドライバーなのですよね。だから尚更思ったわけです。道を譲ってもらえなかった気持ちを分かってもらう前に煽り運転をされて危険な目に遭ってどれだけ怖かったかを理解しなければなりません。自分だって同じ目に遭ったらどうなのでしょうかね?そもそも煽り運転は飲酒運転同様罪の重い危険運転行為です。ホント烏滸がましくて話になりません。

 

 と・・そんなしょーもない愚痴はこの辺にしておいて、スマホゲームの話を。前回の続きになりますが。

f:id:shinbeeflash:20211029213444p:plain

f:id:shinbeeflash:20211029213522p:plain

f:id:shinbeeflash:20211029213557p:plain

 現在ピックアップされているウマ娘が1回で両方二本釣りするとは!『海老で鯛を釣る』とはまさにこのことですかね!?相当ガチャ運使い果たしたかも・・。満足ッ!ガチャ回した直後に理事長が来たら期待していいわけですね!