真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

最下位から一気に4位に!!松坂投手、斎藤投手お疲れさまでした。他

 こんばんは。真兵衛です。

 

 とにかく朝晩寒いです・・。炬燵とストーブが必要不可欠な時期に入りました。そのためか、朝起きるのがしんどくなりましたね・・。北海道など山地では初雪の報せが。これまで進みがとてもゆっくりだった季節が一気に加速しているこの頃です。そんな中で熊本県阿蘇山で噴火が。近隣住民は噴煙に注意が必要です。

news.yahoo.co.jp

 去年は信号のない横断歩道で歩行者を優先させるドライバーがたったの5.7%と、全国ワースト1位という不名誉な調査結果でしたが・・今年の調査ではなんと51.4%と大きく躍進!市町村の自治体や警察らが大々的に啓発した結果、宮城県内のドライバーは真摯に受け止めて改善に努めたのがわかります。モラルのあるドライバーが多くて本当によかったです・・。上西氏のYouTubeで何度も動画で紹介していた第38条についての例のプロジェクトの効果もあるでしょうし。県内の割合が4位にまで浮上したのは素直に満足してはいるものの・・全国に目を向けると、増加したものの3割程度にとどまっているのでとても喜べませんね・・。当然ながら止まらないと違反になります。にもかかわらず、「自分は先を急いでいるから。」「他のドライバーもしているからいいだろ。」等と速度違反や一時停止違反等同様の余りにも自分勝手すぎる言い訳をして違反をするのが未だに7割もいるのですから本当に悩ましく嘆かわしい現状であることはまだ変わりません。

news.yahoo.co.jp

 へぇ~関東地方の駅そばにはこれだけのブランドが。それぞれの店にはそれぞれの独自の製法でつゆや麺を作って提供していたと思うのですけど、駅そばだからあまり味や製法などそういうこだわりというものを重視せずにとにかく『気軽に食べれる蕎麦屋』という単純なコンセプトで統一化を進める方向なのでしょう。ただ・・以前の製法を安易に捨てられないでしょうし、難しさはあると思いますが。これまで利用客に好まれた味や個性がなくなって客離れが加速する懸念もありますし・・。とても難しい問題でしょう。気軽に食べれる蕎麦屋って鉄道旅における醍醐味の一つですよね。私も鉄道での旅行途中で何度か駅そばで食べて空腹をしのいだことがありますし。本当にありがたいですよ!で、駅中に多数のレストランを擁する東京駅であっても駅そばを選ぶこともあるくらいですから。

news.yahoo.co.jp

 この犬を連れた散歩客もあまりにも論外すぎるカスハラっぷりに見てる私でも店主同様な怒りや呆れを通り越してます。自分の不注意を棚に上げては執拗に暴言吐いて因縁付けてますよね。やってることが煽り運転の加害者と全く一緒ですから。しっかり動物禁止の貼り紙付けているのに「壁に貼ってもらえるか?」これには店主は堪ったものではありませんよ。いちいち店主に言うこと!?あまりのしつこさに業を煮やしたか「警察を呼びますよ。」と返したら一目散に逃げて現れなくなったのですから、何がしたかったのか全く分かりません。「ほんならええっすわ。すみませんでした。」で済む話ですよ。また他の客にも迷惑になってますよね。ただでさえアレルギー以前に衛生面の問題が付き纏いますから盲導犬以外で動物禁止にせざるを得ないのですよ。考えれば至極当然の話。それを納得できずに執拗に暴言吐いては因縁付けるって・・全く理解不能ですし何一つ同情する要素が見当たりません。ただただ思い通りにならないことに対する自棄でしかありません。

 

 最後に、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手と松坂大輔投手が今季で引退することになりましたね・・。何れも野球にあまり興味が無い方でも話題になる程の影響力のある投手でした。特に高校時代はとてもインパクトの残る名勝負名試合を繰り広げました。全国民の目を釘付けにする程と言っても過言ではありません。松坂投手はプロ入り後期待通りに遺憾なく実力を発揮し、イチローから三振を奪った際には『自信から確信に変わった』という名言を残す程。プロ1年目から毎登板ワクワクさせられました。2007年からは本場アメリカの大リーグでプレー。2009年はWBCのメンバーで世界一に貢献しました。一方・・斎藤投手は怪我もあり、年間を通して一軍にいたシーズンが無いなど思うように結果を残せぬまま年月ばかりが過ぎていきましたね…。プロ入りした際はまー君こと田中将大投手と投げ合うのを楽しみにしていましたが、結果を残せぬままこのような形で引退するなんて思ってもいませんでしたよ・・。また、彼らの同世代も多くの名プレイヤーが。松坂投手と同世代を『松坂世代』、斎藤投手と同世代を『ハンカチ世代』と呼称。何れも粒ぞろいでしたよ。引退はとても寂しいですが現役生活お疲れ様でした。心から感謝です。今までありがとうございました!!