真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

煽り運転同様まだ後を絶たないネット上の誹謗中傷。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 所謂『やませ』の起因になっているオホーツク海高気圧により関東地方も含めて涼しい日が続いていましたが今週は夏の暑さが戻ってくる予報・・。このまま秋に入ればいいのに。

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 ホント誹謗中傷を平気でする連中は一体何を考えて書き込んでいるのやら……。何と言いますか、『言ってやったぜ!感』を出すためでしょうか?コメンターが口々に言っている暇人なのは間違いないでしょう。一人が複数のアカウントを駆使して恰も多くの人が非難をしているかのように見せかけてああいう心無い書き込みをしているかと。

 

 彼女は富士急ハイランドの『ド・ドドンパ』に乗った後に頸椎骨折が判明。ただ、痛めた後はむち打ちだと思っていたらしく、骨折している自覚は無かったそうで。何せド・ドドンパに乗った後、自身の笑顔が写った写真をSNSに上げていました。当然その頃はまだ骨折しているなんて気づきもしていませんからね。それから家族とボートに乗っていますが、彼女自身はオールで漕ぐなどの操作はしておらず、ただボートに乗っていただけだったと本人は回答していました。で、後にニュースになったのを受けて病院へ診察に行って判明したのですか。確かにニュースになるまで病院に行かなかったのは引っかかるものはありますけど、とてもわかります。どうせ大した怪我ではないだろう、そのうち痛みも引くだろうと思いがちですからね。ただ、運転の話になれば事故に遭った際、首に何ともなくとも病院での診察は必要ですからそこは気を付けなければなりませんが。そうでなくともどこか怪我をしていれば、その治療費の請求を加害者に要求できますし。

 

 で、話を戻してネット上で「売名行為だ!」とかあらぬ言い掛かりを付けて誹謗中傷するって、相手が若い女性だからというのもあるかと・・。歌手を志望しておりますし、その状況にあるのをいいことに売名行為だなんて平気で書きこんでいるのでしょう。思えば木村花氏も当時22歳と若い女性でしたし、何かしら日ごろの不満をぶつける相手としてターゲットにしている傾向にあるかと思うのです。で、誹謗中傷するのはいい歳の男性。年齢的に煽り運転をするタイプとオーバーラップしているでしょう。で、コメント欄にもその連中と同類かも?な意見が・・。煽り運転の話ではないので苦言を書きますが、いい加減やめませんかね。「被害に遭った方にも原因が~」と、指摘すると誹謗中傷を擁護してると誤解を招きます。こういうことを書き込むのは、そもそも誹謗中傷をされた方に対して「SNSをやめるべき。」と暗に言っていますから。いやいや・・さすがにそれはないですね。SNSはおろかネット上からいなくなるべきなのはあくまで誹謗中傷する連中ですから。ニュース記事のコメント欄に書く人たちも幾らか該当していますし。「寧ろ今の若者はネットの正しい使い方を教われているから、リテラシーは彼らの方が上かも。」という意見もありましたけど、それはあると思いますね。誹謗中傷を書き込む連中はいい歳と言われる年齢層に多い傾向ですから、当然そういう教育は受けてはいませんのでこういう連中にはネットリテラシーは無いでしょう。そもそもリテラシーの無い時点で利用すべきではないですよね。不適切動画を上げるDQNも然り。車で言えば当然無免許運転をしているも同然ですから!誹謗中傷する連中は相手にしないというスルースキルが無いのですかね。SNSでリプライとDM機能廃止すればいいと思いますが。ネット上でチャットをやり取りするのはLINEでやればいいですし、メッセージ機能はFacebook以外無くていいかと。これらは仕事でもコミュニケーションツールとして使われている共通点がありますから。なのでTwtterやInstagram等にはそういうコミュニケーション機能は無くても困りませんね。

 

 最後に。パラリンピックが閉幕しました。障害を持ちながらも競技ができる喜びを持ち、出来るかどうかわからない本大会に向けて、コロナ禍で難しい調整を強いられましたが、それでもできると信じて練習に励んできた努力は絶対無駄ではなかったです。競技後の一人一人のインタビューで、とても心に沁みるようなコメントを残していました。大会の賛否がある中で行われたわけですから尚更でしたね。出場した選手の皆様、ならび携わったスタッフの皆様も心からお疲れ様でした。そしてありがとうございました。メダルを獲得したアスリートの皆様、おめでとうございます!