真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

煽られ運転されても煽っていい理由にはならず。つまり関係なし。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 先週末に静岡県熱海市で大規模な土砂災害が発生。発生から72時間経った今でもまだ行方不明者が多く、一人でも多く救助されるのを切に願います。被災された方々へ、謹んで心からお見舞い申し上げます。どうやら盛り土が土砂崩れを引き起こしたと考えられておりますが、熱海市は都会から近く、太平洋が望める風光明媚な観光地であるというメリットが多いため、別荘を構える金満な都会人もいる程。これも含めて宅地開発が90年代以降進んで元々山だったところに多く家が建つようになっていったわけですか。

car-me.jp

 煽られ運転、或いは煽らせ運転というのはネット上で俗に言われているもので、ドラレコ映像では分かりにくい故に無自覚を装って態と周囲を不快にさせる運転のことを指していると解釈しておりますが、他にも以前首都高湾岸線であったハコ乗り運転等周囲の気を引かせようと態と異常な運転をする行為も該当するかと。こんな運転されたらたとえ違法でなくとも誰だって不快に思うのも禁じえませんよね。

 

  記事に挙げられているのは煽られた側がしてしまっているであろう運転行為なのですが、実際どうでしょうか・・。ネット上のコメントを拾いすぎて真に受けているだけではないかと思うのです。いくら煽られた方に留意しろ!とまるで命令口調で記事書いたところで煽ったという証拠が残ればその正当性なんて皆無ですし、全く理由にはなり得ませんから、何も解決にはなりません。前回も書いたように、記事の内容通りであればこれ程までに社会問題となってはいない筈ですから。というのも、あれだけ社会問題になっているにもかかわらず、記事のような煽られ・煽らせ運転を平気でやるってことはそのドライバー、煽り運転をした経験を持つ相当やべー奴かもしれませんよ?つまり挑発して乗ってくるドライバーを探しているDQNの可能性があるってことです。そうやって周囲に対して気を引かせんとばかりに態と不快にさせているのですから。ある種の当たり屋の可能性も十分あります。なので記事に挙げられているような運転行為をするドライバーは寧ろこういうやべー奴だと思った方がいいですね。態と追越車線をずっと低速走行しているのを目撃しても、一切相手にせず(ここ重要ですよ!)走行車線から追い抜いていけばいいかと。しかし・・その追い抜くところで急に加速するDQNドライバーも実際いますからね・・。特に追越車線で追い越ししている最中に走行車線で走行するドライバーが急に速度を上げて復元を妨害したりすることもあるくらいですから。最悪幅寄せしてくることも。もしこのように煽られたならばマニュアル通りに通報して対処していくしかありません。間違っても煽り返してはなりません。何をしでかすかわかりません。前回少しふれた洋画で公開されている『アオラレ』とまさに同じ展開になっていますから。

news.yahoo.co.jp

 煽るドライバーは何処へ行っても煽りますよ。誰かカモを探して煽っているのですから。つまり相手を見て煽っているってこと。このニュースを見て改めて煽られた方がどうこうの問題ではないなって思いますよね。この辺りも何度も何度も繰り返してしつこく書いているようにあくまで煽った加害者の問題なのです。煽る加害者をどうにかするのが先決ですよ。やはり大事なのはルールやマナーを守る意識を持ち、気持ちに余裕を持ち譲り合い精神をもって運転すること。先ずはそこからですよ。相手が譲ってくれたならばサンキューハザード付けてお礼の意思を表せばいいですし。記事に書いてあるようなサンキューハザードを強要するとはまた違いますよね。サンキューハザードに関しては教本に載っていないため賛否が分かれていますから。

 

 最後に。中日ドラゴンズ日本ハムファイターズでプレーし、21年前の2000年から3シーズン日本ハムファイターズで監督を務めた大島康徳氏が大腸がんで亡くなりましたね…。闘病していた中でつい最近までNHKの野球中継で解説もしておりました。今日のBSプロ野球中継でも解説の梨田昌孝元監督が触れていましたが、球審の誤審に対して熱く当たっていた印象があるとの事。わかります!熱血漢でした。謹んで心からご冥福お祈りします。