真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

折角大きなスクリーンで観れるのだから隅々まで見た方がいい。

 こんばんは。真兵衛です。

news.yahoo.co.jp 『ファスト映画』なんて初めて目や耳にしましたよ・・。そう言えば今の若者は隅々まで映画を見ずに上映中にスマホを弄ってしまう人がいる程だそうで・・。それでか10分程度でハイライト動画としてファスト映画を見て内容を知る方向に走るわけですね。昨日のスッキリで加藤浩次氏も仰っていましたけど、10分程度しか見てないのに見た気になるなんて・・映画の作品を軽んじてるようにも見えますよ。特にミステリーモノなんてネタバレ厳禁なのですから、やはり折角大きなスクリーンかつ高音質で観れるのですから、最初から最後を隅々まで観るのが映画の醍醐味なんですよね。贅沢な時間を過ごせるわけですよ。なのに10分にまとめられた動画をPCの画面で見て済ませるだなんて映画視聴済みのうちに入りません。非常にもったいないですよ。

 

 ファスト映画による損失額がなんと956億にのぼるのですか・・。視聴者に対しても「安易な視聴は控えてほしい。」との事。視聴することで不法に投稿した者がそのアクセス数で儲かると、製作者を蔑ろに当たるために絶対あってはならないことですから。内容を素早く知りたいと思うのは効率化重視の現代社会下にあるため無理ありませんがせめて映画は時間をかけて隅々まで観るものですよね。ただスポーツ中継はいくらリアルタイムで観たくても中には有料放送もあるので契約しなければ観れませんし、それでもハイライトで十分と思うファンも中にはいるでしょう。とは言っても現在開催中のサッカー欧州選手権はすべての試合をハイライトで観れませんよね・・。隅々まで観たければカネを払うべし、その理屈は映画と一緒ですね。