真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

2020-09-24 まだまだ減りそうにない煽り運転・・。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 台風12号温帯低気圧に変わり、思ったほど日本から離れた進路をたどりましたね。ただ・・千葉県沖や伊豆諸島、八丈島等では強風や高波に見舞われました。明日は東北地方の太平洋側を中心に温帯低気圧による雨風に注意です。また関東地方は秋がかなり進んでておでんなど暖かいものが食べたくなるこの頃ですよね。一方・・岐阜県では真夏日になったそうで・・。

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 煽られた白の軽自動車のドライバーはさぞ怖かったでしょう・・。そりゃトラックに煽られるのですから。映像見てると、白の軽が無理矢理割り込んだようには見えません。前のトラックの後ろへ出る時点で運転手は何らかの合図を出しているようにも見えます。で、停車している時点でトラックからすれば白の軽が前に入ってくることを十分予測できた筈。しかし煽ったトラックの運転手はそのかもしれない運転をしていなかったがために前に入られたことで、「不当に強引に割り込まれた」という嫌がらせを受けた『思い込み』から白の軽を煽ってしまったと考えられます。当然煽られた白の軽のドライバーは意図的な妨害目的で入ったつもりはなかったでしょう。トラックが素直に譲るべきでしたね。と言いますか、そもそもこういう状況で脇から入ってくる車に対して前に入れさせてやらないといけません。合流してくる車だと特にそうですよね。ジッパー法ってヤツ。

 

 ・・で、コメント欄はというと、フジテレビのニュース映像には、「これは白の軽に対して譲るべき。前に入ってくると十分予測できた。」等と、トップコメにはまともな書き込みに「しっかり見てるな!」と思ってましたが・・テレビ朝日の方は「白の軽が無理矢理割り込んだ。そりゃ腹立つわな。」等、被害者を叩く書き込みが多かったですね…。その度に思います。「これでは煽り運転減る筈がない。」と。被害者を叩く連中は相手(つまり被害者のこと)のことばかり気にしすぎです。その前にハンドルを握る上で心掛けなければならないことは何なのかわかっているのでしょうか?恐らく何も心掛けてないでしょうね。自分さえよければと思って運転しているかと。で、白の軽の挙動をロクに予測もできないから白の軽が強引に割り込んだとして悪いなんて易々と言えるわけ。そう言って被害者を叩く連中は、かもしれない運転してるとはあまり思えませんね・・。実際に煽ったトラックの運転手は白の軽がそう来るとは思わなかったでしょう。だから相当頭にきて煽ったと考えられますので。

 

 何度も書いてます。かもしれない運転はとても大事だと。このケースも大いに言えますね。それで譲り合いの精神で安全運転に徹することができるのですから。

 

 話は変わって、元TOKIO山口達也被告がバイクで飲酒運転・・。後ろを走っていた車のドラレコ等ですと、明らかに挙動がおかしかったのがわかります。対向車にあわや正面衝突になりそうになる程車線をはみ出すシーンも・・。しかし前の車に追突も軽度でしたしその追突された車は警察官の自家用車でしたので、ここで御用になりました。それまで大惨事にならなかったのが何よりでしたね。バイクなので重大事故になりやすく、乗っていた山口達也被告も無事では済まされなかったでしょうから、この形で御用となってむしろよかったですよ・・。宮城県松島町でライダーが死亡する右直事故が起きたのが記憶に新しいですからね。

 

 秋の交通安全運動期間中なので、より一層事故やトラブルにならないためにも、自己防衛すべく安全運転に徹しましょう。あくまで自分の身を守ることが大事です。