真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

2020-09-19 それが親心というもの。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 『暑さも寒さも彼岸まで』とはよく言ったものです。昨日の福岡市は20℃台前半までしか上がらなかったので驚いてます。その一方で・・太平洋側では真夏の暑さに・・。恐らくこれが最後の猛暑となることでしょう。で、明日以降からは一気に秋へ加速してだいぶ涼しくなるので今日までには秋物を出しておきたいところ。私も押し入れから秋・冬物をいくつか取り込んでおきました。すっかり涼しくなってからでは遅いですからね・・。いかんせん朝晩の冷え込みが急のように来るので。関東から西の地域では4連休中に準備でも遅くはありませんので、今のうちです!朝涼しいのはいいけど、逆にこれから布団から出るのがしんどい程冷え込む時期に入ってくるので朝弱くなりそうです。

news.yahoo.co.jp

 ごもっともです。小さな娘を持つ一人の親としてはやらせたくないでしょう。小学4年生の女の子がオンラインゲームで知り合った30代の男性に誘拐される事件が実際に起きましたからね・・。立川志らく氏のおっしゃる通り、子どもを守れるのは親しかいませんので、見知らぬ人と繋がって危険が孕んでいる理由でやらせたくない!というその親心、同感できます。また志らく氏は「知人同士でオンラインゲームをするなら構わない。」と言ってましたね。この手のオンラインゲームは分別が付けられる程の責任能力を持った大人になってからでもできるので、それからでもいいと思ったのでしょう。これにも同感でした。

 

 SNS等も同様ですね。まだ危険性をロクに知らないままでおもちゃ感覚で利用しかねないため、以前からあったように「まだスマホを持たせるべきではない」という声も。元々私もその意見でしたし。以前よりは子どもでも利用できる環境が整ってはいるものの、まだ危険が孕んでいることには変わりありませんね。SNS上で知り合った男性から不当な要求を受けたというニュースは後を絶ちませんので。そうなると親としては持たせたくないでしょうね・・。その気持ちはよくわかります。いくら「持たせた上で正しい使い方を覚えさせるべき。」という正論から実践しようとするにも未だに安全な利用環境が整いきれてないんですよね。その最たる例が誹謗中傷は法で守り切れないという事。いくら誹謗中傷した投稿者を特定するにも法の壁に阻まれて特定にまで至らずじまいになり泣き寝入りするケースも・・。余程悪質な書き込みでないと動かないらしいですね。今週のスッキリで取り上げてました。誹謗中傷したり、誘拐した男性のように相手が女の子と分かって如何わしいことをしてくるなどネット上には悪い虫がいっっっっくらでもいるので近づかないようにするためにも親子でしっかり正しく向き合っていかなければならないでしょう。なので志らく氏のようにオンラインゲームをやらせないという手段は有効な一手の一つですね。

 

 志らく氏の意見に同感なのは、私もあつ森のようなオンラインゲームにはあまり興味がないからですね。『あつもり』と聞いて織田信長が好んだ演舞か、テレ朝の報道ステーションプロ野球コーナーの終わりにやる熱く盛り上がったシーンを映す『熱盛』を連想しますよ。(笑)だって、ゲームは今やってるスマホゲームだけで精一杯ですから・・。そのためオンラインゲームをやる暇なんて無いんです・・。もしハマってしまったら時間がいくらあっても足りないでしょう。(笑)