真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

2020-07-13 関東圏を中心に感染者増えている一方で・・。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 昨日から気温が抑えられて、今日も最高気温が20℃とヒンヤリの一日に。長袖着ないと寒い程ですが寧ろ快適ですよ。でも大雨の被災地がこれくらい涼しければいいのに・・って思いましたね。昨日は関東から西のところどころの地域で真夏日になりましたから・・。こんな暑さでは復旧作業捗らないでしょう。

 

 今日の東京都の感染者数は昨日までの数の半分程度。しかし月曜日は決まって少ないので全く安心できませんね。それと男性アイドルでの舞台公演でクラスター感染が・・。最前列の観客がフェイスシールドの装着を拒むなど、運営の仕方にも問題がありましたね。宮城県内でも必ず一人は感染者が出ております。しかも感染経路不明者が多いのが・・。こんな中でGoToキャンペーンを前倒しして本当に大丈夫なのでしょうか・・。特に感染者が未だに出ていない岩手県民は相当不安でしょう。暫くは再び岩手県に跨ぐのをやめようと思います。

news.yahoo.co.jp

 ここから本題に。ローカルニュースなのにこれ程コメント数が多いのはなぜだろうと思って覗いてみたらこれでしたか・・。私が最も関心あるニュース。殴ったどうか以前に胸倉を掴んだ時点で十分暴行にあたるでしょう。しかも高速道路で停めるって・・先月30日に厳罰化されたのにまだこんなことしているんですか・・。

 

 ただ、記事には何が原因でトラブルになったのかいきさつは書かれてませんでしたね。なので当然コメント欄は「いきさつが書かれていないから何とも。本当に殴った60代のドライバーが悪いのか疑問。だから殴られた側にも原因がある筈だ。」「あれ程キレるんだから相当だよな。被害者は相当悪質な運転していたのでは?結果よりそれに至った経緯が大事。」と、殴られた被害者に非があるという憶測の書き込みが散見されました。予想通りなので驚きなんて微塵にもありませんが。何故このようなトラブルに発展したかなんて第三者の我々が知る必要がないと思ったからでしょうね。メディアもあまり露骨に被害者にも非があるような記事を書いて報じてしまったら「だから殴られたんだ!」「原因は被害者にあったな。自業自得。」「殴りたくなる気持ちがよくわかる。俺もしてたかもしれない。」等、高速道路で無理矢理停めて殴られても仕方なかったと、個人で制裁を加えることが正当化されるなど誤解を招きかねません。煽り運転のニュースでも昨年8月の常磐道のケースでは追越車線を塞いだことに腹を立てたと煽った原因は触れてますが、それを煽られた原因として解釈して「左車線に避けるべきだった。」と煽られた側に非があるという書き込みが多く投稿されました。なのでニュースの伝え方次第で煽られた被害者が叩かれしまっては本末転倒。そうならないようにするためにも、メディア側は煽られた原因、トラブルになった原因やいきさつを伏せておいたのでしょう。そこには『被害者に何かしらトラブルを起こす理由があったにせよ、煽り運転はしてはいけない。』という結論があっただと思います。なのでメディア報じ方は正しいと思います。

 

 しかし「煽られた側に原因がとある。」「煽りを誘発するドライバーが問題。」等と考えるベテランドライバー界隈ではさすがに納得がいかず、「煽ったドライバーばかりが100%悪ではない。」とメディアに対しても非難。煽られたドライバーなど他人に対してはやたら攻撃的。もはや予備軍というか煽り運転経験者ではないかと思ってますよ・・。車から降りても自分の思い通りにならないと激高するクレーマー気質なのでしょう。やはり自分は大丈夫とは思わずに、加害者は勿論、被害者にならないためにも先ずは交通ルールを守ること。次にマナーですね。重ね重ねに繰り返して書いておきます!それに交通ルールを守るドライバーを馬鹿にしないこと!「交通ルール守る正義マン」とか名称付けて馬鹿にするコメントちらほら見かけますので。交通ルールをロクに守れないクセにとやかく正義を語る資格はありませんね。それからドライブレコーダーですね。論より証拠なわけですからこれはとても重要です。

 

 高齢者に対してもやたら叩いてますが、年齢を重ねれば運転能力は自ずと下がり感覚のズレは生じます。その辺をわかり切っていればそこまで苛立たないでしょうね。黙ってても勝手に年齢重ねていきますからね。それでも若いままでいっちょ前に運転しようとするとそれこそ事故の元。まして逆走やアクセルの踏み間違いにも繋がりかねません。それだけ公道にはいろいろなドライバーが利用しているってことですから、私はそれを常に考慮するようにして運転してるわけです。田舎なので当然のように学生が乗る原付一種のバイクに農家が乗るトラクターも通ってますし、クレーン車のような特殊車両もたまに通りますから。自分中心に考えるとそれだけトラブルを生むと考えれるかどうかでしょう。その意識を持つことでもだいぶ変わると思います。