真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

2020-02-12 また一人、プロ野球のレジェンドが旅立つ。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 今日の天気が昨日だったらよかったのに・・。風が穏やかで一日を通して晴天に恵まれました。実にどこか行楽地へ行きたくなるくらいの好天でした。何せ昨日までとはうって変わって気温がぐーんと上がりましたよね。日中、日光が当たる部屋で過ごすときストーブ要らない程の暖かさではなかったでしょうか。明日以降も気温が高い日が続きます。関東から西では20℃以上まで上がる予報も・・。もしかしたらバレンタインデーは厚着しなくても済む?

 

 そんな中・・また一人日本のプロ野球史を刻んできたレジェンドが旅立ちました……。現役時代はポジションは捕手、球団は南海ホークスでプレーして戦後のプロ野球で初の打撃三冠王を獲得。その中で数々の野球哲学を生み出し、多くの選手やファンに影響を与えましたね。ただ、その当時は巨人がV9時代を築き、王・長嶋コンビで絶大な人気を誇ってたためか陰に隠れる自分を『月見草』と表現。私が記憶にあるのはID野球を編み出したヤクルトスワローズの監督時代からですね。当時のヤクルトは粒ぞろいでしたよ!90年代の黄金時代を築き上げた名将でした。阪神タイガース、そして楽天イーグルスの監督でも低迷期を脱するきっかけを作りました。何れも次の星野監督で優勝を果たしましたよね!!その優勝は星野監督に変わる前から足掛かりになっていたに違いありません。そう・・野村克也さんです。名プレイヤーかつ名将でしたよ。それだけでなく愛妻家でもありましたね。ただ・・妻が亡くなってからは自分がいかに弱いかを痛感してました。その辺りから体に何かが蝕んでたのでしょうね・・。2006年から楽天イーグルスを率いて弱小軍団からの脱出に尽力して感謝で一杯ですよ・・。初めてAクラス入りした時は夢を見させていただきました。改めて、謹んで心からご冥福をお祈りいたします。楽天はもちろん、ヤクルトや阪神にとっても特別なシーズンになるでしょう。