真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

2020-02-04 検挙数多い=速度超過で運転する数が多いわけではない。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 明日から漸く本格的な冬がやってくるみたいですね・・。あれ程暖冬暖冬と叫ばれておりましたが。先週発表された1か月予報で2月も例年に比べて気温は高いと発表されました。しかしだからとて安心できませんね…。ただ、スキー場など雪が必要なところは恵の雪になるでしょう。

headlines.yahoo.co.jp

 単純に違反が多いだけでなく、厳しく取り締まってる都道府県という見方もできますよね。交通マナーが悪いというレッテルを貼られてる愛知県でも上位にランクインされてませんでしたし。長崎県が4位というのが意外でしたよ。坂道が多くて下り坂で速度が出やすい故に事故に繋がりかねないとして厳しく取り締まってるのでしょうか。坂道は視界も悪いですから猶更慎重に運転しなければなりませんね・・。1位の北海道、見通しも良く直線で何かと速度が出やすいですね。ただでさえ北海道は広大ですから・・。恐らく観光客の違反も多く含まれてるでしょう。バイク仲間の間でも夏の北海道はツーリングの聖地とされておりますし。関東からだと大洗からフェリーで北海道へ行けますしね。もちろんネズミ捕りに関しても周知してるでしょう。私の場合は北海道でドライブできませんね・・。後方から来たドライバーに譲りまくりになりますからwそれから3位の石川県、8号線がほぼ高速道路な件でしょうか。そうでなくとも見通しがいい直線道路が多いのと、取り締まりに積極的など条件が揃ったのかもしれません。6位の富山県も同様かも。

 

 どこの都道府県問わず地形的に運転しやすいところは特に注意が必要ってことでしょうね。また速度が出てしまう下り坂も。そこで積極的に取り締まってる都道府県が上位に入ってると考えられます。ネズミ捕りに対する注意も含めてかもしれない運転しないとですね・・。速度違反で引っかかっても運が悪かった等と言い訳できませんし。まず違反しないことが最大のマナーですから。いかんせんネット上だと速度を守るのはなぜかマイペース運転・迷惑運転にあたるとしてマナー悪いという風潮がありますから…。制限速度程度で走ってるのなら別に問題ないはずなのですが。その辺の考えは今でも変わりません。ただ、まぁ・・どうしても交通量の多い道路だと流れを第一なのが実情なのは致し方ない部分はありますが。