真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

2020-01-14 windows7終了を迎える。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 今日でとうとうwindows7とお別れするときがやってきたのですね・・。私も長年win7にお世話になったので今日でサポート終了を迎えてとても寂しい思いです…。勿論新調したwin10PCへのデータ移行等はとうの昔に完了しているので問題ありませんが。窓辺ななみさん、今までありがとうございました。窓辺とおこさん、これからもよろしくお願いします。

 

 話は変わって、U‐23日本代表がまさかの予選敗退・・。VARでPKを献上して先制されました。その後相馬のゴールで一時同点に追いつくも後半の終盤に決勝点を献上してシリアに1‐2で敗れてしまいました。昨年はブラジルに勝つなど成果をあげたかにみえました。去年末のE-1では五輪世代のメンバーを多く入れて臨みましたが優勝を逃してしまい不安を残したまま今年を迎えて臨んだU-23アジア選手権。まだまだ課題が多いってことですね。それと森保監督解任を望む声もE-1終了時からもそうでしたが少なくありません・・。東京五輪まで時間がそれ程ありませんので早く決断はした方がいいでしょう。

 

 そんなモヤモヤを吹き飛ばしたのが高校サッカー選手権の決勝戦。連覇を狙う現在の強豪校青森山田と24年ぶりに決勝までコマを進め、初の単独優勝を狙う多くの一流Jリーガーを輩出した古豪静岡学園が対戦。そんな好カード故に例年以上に注目が集まり観客動員数は5万5千以上の観客が集まりました。前半は青森山田が2点リードするも終盤に1点返して折り返し。やはり前半のうちに1点返したのが大きかったでしょうね。2失点許してからはセットプレーに対してもしっかり対策を練り集中してました。後半青森山田はストークシティでプレーしたデラップ顔負けの超ロングスローから攻撃を仕掛けてましたけどそこでも集中を切らしてませんでしたね!それが逆転劇を生んだと思います。最後まで手汗握る展開でしたよね!24年ぶりかつ初の単独優勝おめでとうございます!!ブラジルへ渡る理由で中退したキングカズも含め多くのOBから祝福を送ってました。