真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

2019-12-09 これならどっちもどっちなケース。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 今日は雲一つない澄み切った好天でしたが・・気温が上がりませんでしたね。しかしこれ程天気がいいとやはりどこか行楽地へ行きたくなりますよ。・・で、明日から今日の気温の約3倍まで気温が上がるらしく今度は季節が逆戻りですよ・・。これから日の入りが少しずつ遅くなっていきますね。今の時期が日の入りの時間が最も早いですから。(つまり暗くなるのが早い)

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp

 いやぁ~・・時間帯からか周囲を巻き込まなかったのが唯一の幸いでした。今度は煽り合いですか。22歳の軽乗用車運転手も追い抜かれそうになったなら素直に先を譲ればよかったと思うんですよ。の末に横転して軽いけがをしたのですし・・。記事によれば45歳の乗用車運転手は先に車間距離を詰めて煽り運転をし、それに対して22歳の軽乗用車運転手が追い抜かれそうになったからか態と進路を妨害する所謂"煽られ運転"をして応戦したのでしょう。それでエスカレートして100キロでカーチェイスという『煽り合い』に発展したわけですね。ってことは・・乗用車側は軽乗用車を追い抜いたら今度は後ろからその軽乗用車に煽られたってことでしょうか。カーチェイスでの煽り合いですから。

 

 さすがにここまでくるとどっちもどっちなケースですよ・・。22歳の軽乗用車運転手は素直に先を譲れば煽り合いの末に横転して首の軽いけがを負わずに済んだでしょうし。現場が片側2車線ですからね。方や45歳の乗用車運転手も前の車に車間距離詰めるという危険行為ですから前の軽乗用車運転手が煽られた!と訴えられたらどうなるか考えなかったのでしょうかねぇ・・。ただこの件は両者が煽り行為をしたので結局どっちもどっちで喧嘩両成敗なわけですが。煽られたことに腹を立てて煽ったドライバーに対して暴行を加えたのと同様ですよ。煽られた側に対して罰するならこれらのケースでしょう。

 

 最後に。今季のJ1王者は横浜F・マリノスでした。FC東京は4点差以上で勝てば再逆転で優勝という厳しい条件でしたが結局3失点して敗北を喫し、惜しくも優勝まで届きませんでした。2位に終わり、そして目の前で優勝を決められてしまうというこれ以上ない悔しさを味わったのですから来季こそ・・でしょう。横浜F・マリノスは2004年以来の15シーズンぶりにリーグ頂点に。マルコス・ジュニオールにエリキ、怪我で離脱中のエジガル・ジュニオといった助っ人が戦術に嵌りその上仲川輝人と遠藤渓太ら攻撃陣が上手く絡み合って超攻撃型サッカーが完成されたわけですよ。終盤は最終節まで7連勝ですか!改めて、リーグ優勝おめでとうございます!!そしてマリノス一筋の栗原勇蔵選手、現役お疲れさまでした。優勝シャーレを掲げる時、松田直樹選手が生前つけてた背番号3のユニを着てたのが印象的でしたね。