真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

2019-12-2 事故起こしたタクシードライバーは加害者なのか?

 こんばんは。真兵衛です。

 

 もう12月ですか・・。令和元年もあと1か月を切りました。これから忘年会にクリスマス、年末年始と行事からして多忙の時期に入ります。年賀状もそろそろ作成しなきゃ・・。

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp

 ※海外の衝撃映像ではありません。これは福岡市中洲で起きた事故なのですが・・記事に記載ある通り、事故の直前に車と接触した歩行者がタクシードライバーに謝罪を要求するよう怒鳴り散らした後、急発進して前方の男性を轢く暴走が。後部座席に入った男性はその拍子で車から落ちて軽傷、轢かれた男性に怪我はありませんでした。

 

 海外の衝撃映像みたいに怒鳴られたのに対しての怒りから急発進して轢いたのならタクシードライバーは完全に加害者なわけですから街頭インタビュー通りの意見でしょうけど、運転手は「アクセルとブレーキを踏み間違えた。」と供述。怒鳴られたことに対するパニックのあまり冷静さを欠いて操作を誤ったとも考えられますよね。目撃者曰く土下座させて謝罪しろと怒鳴ったのですから。またコメント欄にも書き込まれてますが接触した場所が狭い道で、サイドミラーに接触したとの事。恐らく避けるに避けれなかったのでしょうね・・。その時接触されて怒鳴った歩行者たちは酔っていた可能性も。その辺も考慮すればその歩行者は当たり屋の可能性ありますね…。もしそうだとすればタクシードライバーは本当に加害者かというと疑問が残ります。いくら歩行者が悪くても車のドライバーに責任になるわけですが、このケースだと果たして・・。煽り運転で言えばむしろ謝れと強要した歩行者側が煽り行為をしていると思うんですよ。なので街頭インタビューを受けた人たちが何を言ってるかというと「煽られた側に原因がある。」と言ってるようなものかと。(かなり乱暴な私見

headlines.yahoo.co.jp

 煽り運転の厳罰化賛成が9割。でしょうね。率直に賛成です。煽られた行為と煽った行為でどちらが危険かなんて比べるまでもないですし。ただ・・煽られた側に対する罰則は「不要」と回答したいところではありますが・・煽られた側の行為があまりにも悪質の可能性もあります。その最たる例が追越車線で態と走行車線の流れや制限速度にはるかに満たない速度で延々と走り続ける行為、所謂「煽られ屋」。煽られた側が交通ルール違反をしていた場合は罰則の必要はありますよね。まぁ、煽られてなくても違反してる時点で罰せられなければなりませんけど。なので「どちらともいえない」と回答しますね・・。要はケースバイケースってヤツ。制限速度100キロの追越車線を90キロ台は何ら問題ないのですが、6、70キロ程度で走られては・・。それしか速度出さないならずっと走行車線を走ってた方が楽ですよね。もちろん私も高速道路利用の際、追越車線は利用しませんから。走行車線の流れは乗れますが流石に追越車線の流れに乗るのは無理ですね・・。オービスが点灯するくらいのうん十キロ超過で走れってか!!追越車線に入ったら十中八九煽られるから無理無理。

 

 話変わって、週末夜の時間帯で暇な時間によくSNSやウェザーリポートで紅葉の写真を見るのが楽しいのですが、最近はそれだけでなく夜のライトアップされた紅葉スポットにイルミネーションの写真を見て楽しんでます。12月に入ってイルミネーションが点灯する季節に入ってるんですよね。昨日か一昨日に仙台でも光のページェントの試験点灯が行われました。で、今週末から点灯始まりますね。

 

 最後に。ベガルタ仙台ホーム最終戦で勝利し漸く残留を決めました!!シーズン前半はなかなか勝てず降格圏に沈んでいましたけどよく巻き返しましたよね。やはり勝ち点で残留のボーダーラインが例年通りの40になりそうです。J1最終節は優勝争いをしている横浜F・マリノスFC東京が、残留争いをしてる松本山雅湘南ベルマーレ清水エスパルスサガン鳥栖が直接対決と日程君仕事しますよねwまたリーグ戦6位のモンテディオ山形J1昇格プレーオフ1回戦で3位の大宮アルディージャを下して勝ち上がりました。アウェー戦が続き、更にJ1の16位のクラブにも勝つ必要があるためJ1昇格へかなり厳しい道のりですが来季東北ダービー実現のためにも昇格果たしてほしいですね。まずは徳島ヴォルティスにも勝つことでしょう。山の神現れますように・・。