真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。

2020-05-26 ガラガラだからこそ取り締まりが必要。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 これだけ暑いと寒い程涼しかった先週の方がだいぶマシですね…。しかしどのみちこれから暑くなる季節へ入るわけですから、暑さに体を慣らしていかなければなりません。3か月予報では、気温は平年並みか高い予報。どうやら今年も猛暑の夏になりそうです・・。もう毎年夏は猛暑の夏ですよね…。ホントウンザリですよ。

news.yahoo.co.jp

 記事の最後の文にある『アクセルの踏み過ぎにはくれぐれも注意だ。』免許を持ってハンドル握っている以上、常に気を付けなければならないことですよね。それでも道がガラガラなのをいいことにお構いなしにかっ飛ばす輩がいるもんですからそれを受けて速度違反の取り締まりを強化しているんですよね。「何故そこで取り締まるのか?そこでスピード違反するドライバーが後を絶たないからさ。」違反したドライバーがいるから取り締まるんですよね。

 

 やはり相変わらず「点数稼ぎのための取り締まりだ。」とか「コソコソ隠れてやらないで堂々と取り締まれ!」「他にやることあるだろ!」などと違反を棚上げして取り締まる警官をバッシングしてますけど、点数稼ぎのために取り締まるな!あるいは他にやることあるだろ!ってことは取り締まる必要がないとでも言いたいのでしょうかね。あれだけ速度違反してるドライバーが多くてのさばっているのに見逃せってことですから職務怠慢としてそこでも叩かれますよね・・。さっきも書いたようにこういう違反者が多いから、取り締まるために配置しているのであって、ノルマだの点数稼ぎだの、決して反則金をブン捕る目的ではないんですよね。違反するドライバーがいて取り締まるわけですから、それに対して文句を言うってことはそもそも取り締まる必要がないと思ってるんだろうと考えてます。記事にある通り確かに事故は減ってはおりますが、その事故で重大事故が増加しています。10キロでもオーバーするかしないかで生死を分けますし。事故以前にそもそも速度を守って安全運転するという担保で免許が交付されてますから、取り締まる必要性は当然ありますね。違反するドライバーがいなければそれでこそ取り締まる必要が無くなります。

 

 それに、目立つところで堂々と立って取り締まればいいと言っても、そこだけ速度守っても意味がありません。そう言う連中はどうせ監視から離れれば必然的に速度違反しますからね・・。コソコソ隠れて取り締まるから抑止に繋がるわけですよ。前にも何度も書いてますが、これも『かもしれない運転』として気を付けて運転すべきなんですよね。それに取り締まりのポイントの前に『速度違反取締中』という立て看板とか立てていると思うんですよ。にもかかわらずそれも見逃してかっ飛ばして引っかかってもやり方が汚いなんて文句言えないですよね。当然自業自得ですから。

 

 それからもう一つ。「速度違反しているには理由があって違反しているハズ。」という意見にも違和感でしかありませんでしたね。所詮違反を無理矢理正当化するための後付けの理由でしかなくて結局ただの言い訳に過ぎないからです。もしその理由を述べて見逃してもらったら、こう言えば見逃してもらえるとマネする違反者が出てきて全く意味がありません。これらの警官の取り締まりに文句言う連中の本音の一つに「道路ガラガラなんだから出せるだけスピード出したって事故らなきゃ別にいいだろ!思い通りに運転させろ!!」が挙げられるでしょう。何せうん十キロ超過だろうが流れに乗る方が大事な故に速度を守る運転なんて等閑にしてますから。いくら制限速度が実情とかけ離れていても速度違反するのが悪いわけだから、当然速度を守って運転するドライバーに合わせて運転するのが流れに乗った運転なわけですよ。もし前の車の速度が制限速度よりもさらに遅ければとっとと追い越して行けばいいですし。速度違反者はよく追越車線をずっとノロノロ運転するな!だの追いつかれ義務を守れ!と口うるさく言いますよね・・。しかし所詮やってることは自分の違反を棚上げしてる時点で『自粛警察』と何ら変わりありませんが・・。やはり思い通りに運転させてもらえないことに対しての苛立ちから運転弱者に対して鬱憤晴らしのはけ口になっていることでしょう。

 

 「速度違反には理由が~」と言う話に戻りますが、では社則、いやそこまで行かずとも校則というれっきとしたルールが存在します。しかし校則を破っても罰則がないと思って平気で破る生徒は必ずいますよね。この辺前にも書きましたけど、免許を持つ前の学生時代で自分にとって守る意味がない校則を平気で破るという意識を持ったまま卒業し免許をもって大人になった結果、法定・制限速度等自分にとって守る意味のない交通ルールを平気で破る傾向にあると考えてます。そういう連中には「俺はいいんだ!関係ないんだ!」「他の人だってやってるだろ!」「別にいいだろこれくらい!」「破るためのルールだろ!」という自分に対して甘やかす考えが根付いているからでしょう。また「コソコソ隠れてないで堂々と目立つところで取り締まれ!」と文句を言うってことは教師の前ではいい生徒の顔をしつつもいなくなると問題児に変貌するタイプとも考えられますね。

 

 人体に害するようなブラックなルールでもないのに「自分にとって守る意味がないから破る」ってあまりにも身勝手すぎますよね・・。そんな甘っちょろい意識のまま社会人になってから自分にとって守る意味がない社則あったので破った、あるいは破ったのがバレたら当然上司から「社則を守れないロクでなしはウチには要りませんので。あんたクビね。」って告げられておしまいですね。日常的にどのルールにも破る理由また破るためのルールなんて存在しません。(とでも言えば許してもらえるだろうという狡猾さや甘っちょろい考えもありますし。)ただの我儘なだけですから。だいたい速度違反の理由はトイレでも急いでいるためと思ってますので。(笑)何かしら先を急ぐくらいならもっと早く出発する等工夫が必要でしょう。そもそも自由という意味を完全に履き違えてますよね。誰も見てないからって、何してもいいってワケでは決してありませんから。

news.yahoo.co.jp

 ネット上の誹謗中傷に対しても大いに言えますよね。『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラー木村花さんが急死した件で、ネット上の誹謗中傷の理由で何らかの手段で自殺したのでしょうね……。その番組での行為に対してとてもえげつない言葉使いで叩かれていたんですよね。それを受けてネット上での悪質な書き込みに対する然るべき措置が必要と政治でも動いてます。アカウント削除しても書き込み主を特定できるようになってますから厳罰へ向けて動いてほしいですね・・。TBS系朝の情報番組『グッとラック』のMC立川志らく氏も「道徳の問題。SNSをより気持ちのいいツールにすべき」とSNSの在り方を熱弁してましたね。確かにそうなんですよね。SNS利用者の問題なんですよ。あまりにもモラルや道徳が欠けてますよね・・。ここでも『表現の自由』とか言いますけど、自由の意味を完全に履き違えてますね。公のルールを平気で破る連中、煽り運転するドライバー、自粛警察等のトラブルメーカーはやたら攻撃的な故に何かしらモラルとか事後の想像力がないんですよね。やはり自棄になりやすい、自己顕示欲・承認欲求が強いのと、新型コロナウィルスでの自粛疲れが連鎖したのが起因となってるかもしれません。それと余程ヒマなんでしょうね・・。所謂『かまってちゃん』ってヤツ。自分よりも弱そうな人を選んで攻撃的になってますから。彼女の死が無駄にならないためにもリアルでもネット上でも取り締まりは絶対必要ですね。改めて、心からご冥福をお祈りいたします。

 

 最後に。プロ野球の開幕は6月19日に決まりました!ただ具体的な日程はまだ定かにはなっておりません。選手の移動の負荷を軽くできるように緻密に日程が組まれるでしょう。このニュースが出ただけでだいぶ気分が軽快になりましたね!しかしまだ全国での緊急事態宣言が解除されたばかりなので、引き続き第二波に対して警戒は必要ですね。暫くは無観客試合との事。ただ試合が行われるだけでも十分ありがたいことですよね!より一層楽しい『おうち時間』になりそうです。