真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2018-07-18 殺人的な酷暑に見舞われる日本各地

 こんばんは。真兵衛です。

 

 いつまで続くのやら…。まだまだ大熱波から抜け出すトンネルが見つかりません……。西日本豪雨で被災した県は勿論、群馬県岐阜県、愛知県、京都府など福島県山形県から南の地域で山間部を中心にもはや殺人的な酷暑が続いております。で・・今日、岐阜県の多治見市で40℃以上を観測。まだ7月で40℃ですか…。子どもたちはまだ夏休み期間に入ってないんですよ!!?こんな暑さの中で登下校していると思うと・・。小学1年生の男子児童が熱中症で死亡するニュースも入っていて、エアコン設置してない県の教育委員会は真剣に取り組むべきですよね。因みにビル熱で気象の気温よりもさらに上がる東京ではエアコン設置してる公立小中高の割合がほぼ100%と聞きました。猛暑日が続くとなると猶更エアコン設置しないとダメでしょう。

 

 では、そう言うキミが住む県は?そうですねぇ・・石巻気仙沼、岩沼など太平洋沿岸地域ではなく、白石、丸森、大衡、古川のような陸地のエリア在住ということで、学校にエアコンはあった方がいいですね。え?絶対必要だろ!!じゃなくて?ちとそこまでは言い切れないんです・・。

 

 というのは、私の学生時代、小中高と至って扇風機かけて授業でしたのでw学校でエアコンとはほぼ無縁でしたね。あるとしたらパソコンが置いてある情報処理室ぐらいでしょうか。あと職員室とか・・。それでも今思えばエアコンレスでよく授業やってこれたなーって思います。私の学生時代と今の気温はそれほど変わっておりません。が!・・93年、また受験シーズンの夏に記録的な冷夏に見舞われて追い風になった夏もありましたね。そういった夏を経験したので、エアコン何が何でも必要!!・・と、強固に言い切れないんですよ・・。しかし!猛暑日にならずとも熱中症で倒れる児童や生徒は必ず出ているので必要だと思います。3年前だっけ?県内で37℃を観測した地点があったので。そう考えるとあるに越したことはないというかあった方がいいですね!熱中症で死者が出てからでは手遅れですし。

 

 そもそも今の各家庭でエアコンレスの家は無いと思うんですよ。暑くなる度にエアコンの効いた空間で過ごすことがクセになっているため、それで外出した時に体が暑さについてこれずに熱中症に繋がってると思うんです。大人世代からは「我々が子供の頃はそこまで暑くなかった。」と言う一方で、「今の2、30代の大人世代が子供の頃の気温とは左程変わっていない。」と見解。うーん・・30℃以上の暑さでふつーーーに運動部やっていた自分としては暑さに対する体の慣れでしょうかねぇ・・。でも、こまめに水分補給はしろ!とよく言われましたね。それを守らないと体調管理ができてないとして練習させてもらえないくらい・・。

 

 もうすぐ夏休みではありますが、特に授業が早く終わる小学生の低学年は最も暑い時間帯での下校ですから猶更注意ですよね…。

 

 最後に。3連休の最終日の未明に行われたW杯決勝戦は若手中心のフランスが20年ぶりの戴冠!!ファンやメディアの間でPKの判定で物議があったことやサポーターが乱入する珍事もありましたが・・。そんな中で4点目を決めたエムバペ(ムバッペとも)またまたハンパなかったですよ!!デシャン監督は現役で優勝し、監督でも優勝という偉業ですか!自国開催時戦友だったアンリ(ベルギー代表コーチ)も祝福してましたね。一方クロアチアも4失点ながら2点返す意地も見せ準優勝でした。MVPのモドリッチは年齢的にも今大会が最後でしょうか・・。大舞台でまだ見たかったですよ。約1か月に及び数々の激闘、心からお疲れ様でした。そして今日からJ1のリーグ戦再開!サガン鳥栖トーレス、そしてヴィッセル神戸にはイニエスタと、共にスペインの至宝がJでどこまで活躍するかとても楽しみです!!