真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2018-07-03 健闘むなしく決勝T1回戦で散る・・。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 いやぁー・・行けると思ってたんですけど…やはりW杯はそう甘くないですね…。世界のサッカーファンに改めて認識したことでしょう。『2-0は危険なスコア』ということを。

 

 後半早々、原口と乾のゴールで立て続けに2点取って大方の予想を覆す展開に驚きを禁じえませんでしたね。起きてハイライトで観たのですが、正直まさかこうなるとは・・と思ってました。守備の要コンパニがコンディション不調なだけに一気に畳みかけようとチャンスは作るもゴールに入らず。

 

 しかしその後、フェライニとシャドリを投入した辺りから徐々に流れはベルギーに。後半24分、フェルトンゲンのゴールで失点したシーンは、クロスがそのままゴールに吸い込まれた形。不運でもありますね・・。また2失点目となったフェライニは高さを持ち味発揮してのゴール。日本の弱点を突いてきましたね・・。精度の高いクロスをドンピシャで合わせてました。ポーランド戦で日本の失点シーンを参考にしっかりシュミレートしてきたのではないかと思います。

 

 それでも日本はめげずにポーランド戦とは正反対で必死に点を取りに行くべくチャンスを作りますがなかなかゴール揺らせず。そんな中このまま延長戦か?と思われたアディショナルタイム48分、日本前がかりになったところでベルギーが一気にカウンター。そこから最後シャドリが押し込んでこれが決勝点……。マルティネス監督采配ズバリでしたね。途中から入ったフェライニが同点弾、そしてシャドリは最後の最後で決勝点ですから。

 

 試合後西野監督は「何か足りなかったでしょうね。」と振り返ってました。就任から僅か3か月での本大会。ここまで仕上がるなんて誰が予想したでしょうか。素直によくやったと褒めて労をねぎらっていいと思います。そのようなコメントが多く目にする中で、「決勝Tに勝ちあがるだけで満足したり、そこで負けたのに今までよくやったと褒めてはそこから向上しないのでは?」という辛辣なコメントもありました。決勝T初戦の壁は厚いですね…。甲子園の白河の関越え(甲子園の東北勢優勝)ぐらい壁は厚いと思います。ただ・・今回は本大会開催3か月前の突然監督交代してこの結果なので素直に褒めたいです。心から本当にお疲れ様でした。そして激闘ありがとうございました。夢を見させてました。

 

  4年後、誰が主役となってW杯出場するのか、今から楽しみです。世代交代の時期だけにより過酷な4年間になると思いますが、これは避けては通れない試練。まずは再来年の東京五輪で次々と主役に名乗り出るような活躍に期待です。次こそは8強入りを!!