真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2018-06-29 ポーランドに敗れるも2大会ぶりの決勝T進出!!

 こんばんは。真兵衛です。

 

 運命の第3戦の対ポーランド戦は実にしょっぱい結果でしたね・・。後半、気を付けたかったセットプレーでの守備、しかし残念ながらポーランドのFKでマーク外されて決められてしまいました。ただ、同時開催のコロンビア対セネガルの試合はコロンビアが1点リード。それを知ったからか後半の終盤、日本ボールになると無理に攻めずにボールを回し続けて時間稼ぎ。方やポーランドも、暑さゆえにバテたからかボールを奪いに行かず守備固めのまま。結局ウノゼロでポーランドに敗れるも、セネガルもコロンビアにウノゼロで負けて勝ち点、得失点差、総得点で並んでましたがフェアプレーポイントで上回り辛くも2大会ぶりの決勝T進出を決めました!

 

 この内容に、イギリスのBCC等海外のメディアは日本の終盤のプレーに失望したとの事。まぁ・・確かにそれは同感ですよね…。どうせなら勝ってグループ首位で決勝T進出と行きたかったですから・・。それに現地で観戦した日本サポーターにとってとても不憫な内容・結果でしたし。

 

 ただ、いかんせん先制を許し、本来休ませるはずだった乾や長谷部、大迫を投入させる展開にしてしまい、それでも流れをなかなか掴めぬまま時間だけが過ぎていく。そこにコロンビアが勝ってるということで下手に攻めてカウンター許し傷口を拡げるよりもボールを回して時間稼ぎしてフェアプレーポイントのアドバンテージを生かそうと、守りに入ったんですよね。ポーランドはこのままでは終われない、このままリード守って勝ち切りたいと、日本との利害関係が成り立ってしまっていたんですよ。だから日本がボール回してる間、下手にボール奪いに行かなかったんですよね。ハタから見ててアグレッシブさゼロで不甲斐ない展開ではあるけど、これもこれで作戦のうちではありますよね。選手も相当葛藤はあったでしょう。ボールを奪いに行かなかったレヴァンドフスキーもノーゴールでしたし、自らゴールを決めて勝って終わりたかったでしょうね・・。

 

 

 結局グループHの2位通過で決勝T進出決まりました。ベスト16で初戦の相手はグループG1位と当たるのですが、あの優勝候補のベルギーです…。注目の対イングランド戦も勝ち、首位通過しました。去年の親善試合ではルカクにやられてウノゼロ負けでしたね。ルカクの他にアザールデンベレメルテンスクルトワなどワールドクラスなタレント揃いですからとても厳しい試合になりそうです・・。韓国がドイツに勝ったように、日本もここでジャイアントキリングを起こしたいですね!!