真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2018-03-28 ハリルジャパンに春はいつ訪れるのか・・。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 今週に入ってから、暖かいを通り越して暑い日が続いてますね・・。ホントここまで気温上がるとアイスが食べたいですよ。そのおかげで関東から西の各地で例年より早く桜が開花してます。丁度春休みと重なっているタイミングだから羨ましいです。もちろん学生にとって最高な春休みを過ごしてるでしょうね。連日のお出かけ日和ですから。今の時期東京など都心のホテルはどこも満室でしょうね・・。遠方から遊びに来る観光客で。東京はすっかり満開ですし。

 

 そんな中、日本代表はベルギーのリエージュで仮想セネガルのマリと仮想ポーランドウクライナと対戦。しかし結果は期待とは裏腹に、マリ戦は1-1の引き分け、昨日行われたウクライナ戦は1-2で敗戦。メディアは挙って監督に対する痛烈批判。確かにこの2連戦、いったい何がしたかったのかあまり見えてこない内容でした。選手個々のパフォーマンスも思ってたよりも鈍く見えてましたし、簡単にボール奪われたり裏を取られるシーンも。

 

 しかし決して収穫はなかったわけではありません。マリ戦で同点弾を叩き出した中島翔哉が存在感をアピールしてました。ウクライナ戦はノーゴールでしたが彼が入ってから攻撃のリズムが作れるようになり、惜しいシーンもありましたね。あと槙野のドンピシャヘディングも評価するべきでしょう。

 

 やはり課題は守備ですね…。動きが今一つだった酒井高徳のフォローに本田が入ってましたし、決勝点の失点シーンはあっさりパス通らせてましたからね…。ボールへの寄せも修正しないといけません。うーん・・守備陣の要のマヤ不在だとここまでモロに影響するとは・・。それに中盤で大島もマリ戦で負傷してしまいましたし・・。これも痛いですよ。

 

 季節は春爛漫ではありますが、日本代表はまだまだ春到来とは程遠いですね・・。しかしW杯直前試合では毎回のように不安を残したまま本戦に入ってますし、特に2010年南アフリカ大会の際、その直前までの試合は散々でしたからね・・。けど本戦ではグループ予選突破したので、蓋を開けるまではまだわからないでしょう。