真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2018-03-01 トランスミッションについて。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 今日卒業式を迎えた高校生のみなさん、悪天候の中でしたが卒業おめでとうございます!!せっかくの卒業式のタイミングで春の嵐とは・・。特に北海道の太平洋側で猛威を振るい、ホワイトアウト状態になるほどの猛吹雪でしたよね。また新潟では暴風で電線が根こそぎ倒れて停電に・・。そして気温が上がりましたね。こっちでも二桁の最高気温になりました。春の訪れはここまで手荒かったでしょうか……。

 

 話は変わって、車に乗るにあたって、トランスミッションに拘るドライバーいると思います。車が趣味なドライバーなら言わずもがなMTことマニュアルを選ぶでしょう。テクニックが要る分、自分で操作して運転する楽しみがあるからだとか。そんなMTは今ではもう絶滅危惧種と言われるほど販売車種が減ってますよね…。MT派って少数派なんでしょうか?・・そうは思いませんというか思えませんけど・・。しかしこれほど販売車種が少ないということはそれだけニーズが減ったということでしょう。軽トラやスポーツカーぐらいですもんね・・。

 

 この件、乗りものニュースにて記事になってました。男女別だと、今や女性の大半がAT限定で取っているとのこと。やはり、扱いやすいという利点からそれを選んでいるのでしょう。それに販売してる車種はほぼAT車が占めているわけですしね・・。乗る機会がないと判断したのでしょう。一方MTで免許取得したのは男性が多いのは、MTのスポーツカーに乗りたいというよりも・・仕事で乗る機会があると考えたからかも。トラックやバスの運転手も男性ですからね。他に就職先の社用車がMTというところもあるでしょう。求人で職場によっては『AT限定不可』と条件書かれてることもあるくらいですし。仕事で車に乗る、あるいはその業種に就く男性がMTで取得していると思います。女性でも少数でいますよね。女性輸送ドライバーとか。

 

 しかし全体でAT限定で取得が割合が多いのも事実。男性でもAT限定で取得している方も少なくないそうです。まずATで乗り慣らしてのちに限定解除を・・と目論んでるでしょうね。(実は・・私もその一人……。免許取得時はAT限定だったんです……。いかんせんクラッチ操作に全っっっっっ然慣れなくて泣く泣くAT限定にシフトするハメになった苦い過去が…。ここだけの話です。ヒソヒソ……。)

 

 まぁ・・さっきも説明したように今販売してる車はほぼAT車で占めてるわけですから乗る機会がないと思ったらわざわざMTで取ったりしないでしょうね・・。余程車が好きでない限り。私も免許取るまでは車に対してあまり関心ありませんでしたし・・。男性でも車が好き・無関心でだいぶMTに対する意識が変わってくるでしょうね。

 

 MTの利点は自分で操作する快感の他にも誤発進の抑制もあります。誤発進で壁などに突っ込む事故はAT車で占めてますよね・・。で、現在サポカーと呼ばれる安全運転装置がある車に誤発進での自動ブレーキが装備されてます。操作が簡単な反面、一歩操作間違えると事故になるってことですよね・・。それで年配のドライバー中心にアクセルとブレーキを踏み間違える事故が後を絶ちませんから・・。MT車クラッチ踏んで動かすので踏み間違えての事故にはなりにくいとのこと。そもそも年配のドライバーは昔からMT車で乗り慣らしてたわけですから、むしろずっとMT車に乗るのがベターだと思うんですよね・・。私の住む地域だと、結構田舎なので軽トラに乗る年配のドライバーはそれなりにいます。