真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2017-01-04 正月モードそろそろ解きたいが・・。と、今年の箱根駅伝

 こんばんは。真兵衛です。

 

 今日から仕事初めの方、あるいは今日まで正月休みの方も。私は今日から仕事初めでした。で・・8日まで正月休みというホワイトな職場でお勤めの方は今頃南半球のリゾート地(サイパン、グアム、オーストラリア、バリ島等)でバカンス満喫中でしょうね・・。羨ましい…。なんて思いながら仕事初めを迎えましたねwいくら明後日から3連休とはいえそろそろ正月モードを抜け出しておきたいところですけど例年通り成人の日のある3連休までに抜け切れないんですよね・・。そして連休明けは五月病ならぬ睦月病(?)になるんですw

 

 話は変わって、昨日まで行われた箱根駅伝、今年も熱かったぁ~~~!!!一昨日の往路では1年生メンバーを3人入れた大胆なメンバー編成で挑んだ東洋大はそれが功を奏して総合優勝3連覇中の青山学院大を抑えて往路優勝!特に往路5区では法政大の青木の快走が印象に残りましたね。また東洋大にじわじわ迫っていた青山学院大の竹石が2度も止まってアクシデントか!!?とヒヤッとする場面もありながらも区間5位のタイムで2位で往路フィニッシュでしたね。東洋大との差も離れてないのでまだまだわからない内容でした。後続もそれほど離れておらず混戦状態だったので、シード権争いも熾烈になると期待してましたよ!ただ・・伊勢路を制した神奈川大は一気に15位へ転落、また9年連続シード権内入りしていた名門駒澤大は13位と苦しみました・・。

 

 注目の復路は6区からいきなり大きな変動が!青山学院大の小野田の快走で東洋大を抜いて首位に立つとそこから去年までの無敵の強さを発揮してました。またユニフォームカラーを水色から紺色へと一新した出雲路の覇者東海大がじわりと順位を上げてましたね。シード権争いは中央学院大順天堂大、中央大、拓殖大帝京大、城西大、日体大駒澤大と稀にみる熾烈な争いでした。日体大が順調に順位を上げると城西大と帝京大も順位を上げてシード圏内をキープ。一方順天堂大が11位に後退するとそこからなかなか順位を上げれません。名門駒澤大は7区でエース級ランナー工藤で巻き返しを図るも、左右にふらつく場面もあるなど本来とは程遠くアクシデントと闘いながらの走りでした・・。終盤大八木監督が声をかけて背中押していたシーンも印象深いです・・。なんとか襷渡しましたよね。途中棄権にならなくてほんとよかったですよ・・。そして復路で注目なのが時間内での襷渡し!特に9区からアンカーの10区に渡る鶴見中継所!そこでも記憶に残る印象深い場面が・・。國學院大9区の熊耳から10区の江島へ襷が渡るかどうかでしたが・・あと5秒足りませんでしたね…。1位からのタイム差が20分経つと繰り上げスタートとなり、チームメイトのランナーの魂が宿った襷を受け取ることなく走らなければなりません・・。繰り上げスタートの号砲はホント無情ですよね…。

 

 結局青山学院大が3連覇したとき同様安定した走りを見せて見事4連覇!!出雲、全日本と敗れて政権交代かとファンの間で囁かれてましたよね。しかし箱根という大学駅伝の大舞台でホント勝負強かったですよ!!やはり原監督は名将ですね!4連覇おめでとうございます!!また熾烈なシード権争いは11時間12分台で7位に城西大、8位拓殖大と続いて、9位帝京大、そして10位は中央学院大が入りました。8区で順位を上げたのがシード入りに繋がった結果ですね。一方、11位の順天堂大中央学院大から14秒と僅差でおよびませんでしたね…。また名門駒澤大は12位、古豪復活に燃える2大会ぶり出場の中央大は15位、全日本を制した神奈川大は13位とシード入り果たせませんでした…。

 

 予想通り見どころ多かったです。視聴率30%近くをマークするくらいですから。来年もとても楽しみです。

 

 最後に、今高校サッカーが行われてますが、今現在北関東勢が3校残ってるんですよね!栃木の矢板中央、群馬の前橋育英、そして茨城の明秀日立と北関東勢がベスト8入りしていて個人的にはそれが見所ですね。(因みにブログ書いてる時間帯ケンミンSHOW新春4時間SPにてちょうど北関東夢の合体特集やってましたのでw)