真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2017-10-26 運命のドラフト。清宮はどこへ!!?

 こんばんは。真兵衛です。

 

 今日みたいな晴天が休日まで続けばいいのに・・。これ程天気がいいとどこか行楽地へ出かけたくなりますよね。仕事や学校をサボりたくなるような晴天。どうも10月の毎週末は鬱になるような悪天候が続いてますよね…。なぜ週末のタイミングで天気が悪くなるのか。イベンターは大変ですよね。

 

 話は変わって今日の夕方、運命のドラフト会議が!リアルタイムで見てたプロ野球ファンはさぞドキドキワクワクしながら見てたことでしょう。何と言ってもドラフトの大目玉である早稲田実業の清宮がどこの球団へ行くのか!!?あまりスポーツに関心ない方でも気になったはず。あれほどメディアが騒いでるわけですからw他にも高校生スラッガーの安田(履正社)に村上(九州学院)と中村(広陵)の二人の高校生捕手、社会人No.1投手田嶋などにも注目が集まりました。

 

 因みに清宮を指名したのは千葉ロッテ東京ヤクルト北海道日本ハム、巨人、阪神楽天ソフトバンクの7球団。95年のドラフトでの福留(現阪神)と同じ指名球団数になりますね。

 

 7つのくじで、交渉権を獲得したのは北海道日本ハム。くじを引いた木田優夫氏のガッツポーズと同時に場内大歓声に沸きましたね!北海道でも大歓声だったことでしょう。何せ大谷が来季からメジャー挑戦によってスター選手が抜けるわけですから球団としては何が何でも清宮を獲得したかったんですよね。大谷は打者でも昨季はHR20本以上打つなど野手一本なら確実にシーズンHR30本以上打てたほどですから、その穴埋め十分できると思います。楽天にとってますます厄介な戦力ですよ・・。

 

 一方その楽天は清宮と村上のくじを外して岡山商大の近藤(投手)を指名。そして2位には大学屈指の長距離砲の岩見を獲得。これは今回のドラフトにおいて大収穫だったと思います。ホント今季の楽天打撃陣助っ人頼りでしたよね・・。

 

 村上をくじで当てたのは東京ヤクルト、また安田は千葉ロッテが、そして甲子園の大会HR数更新した中村は地元広島に、社会人No.1投手田嶋はオリックスへ、横浜DeNAは大学No.1左腕の東を単独でそれぞれ交渉権獲得しました。今永、石田、濵田に続いてまた一人大卒の凄い左腕を獲得に成功しましたね!砂田もうかうかしていられませんね・・。