真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2017-10-19 改めて問われるドライバーのモラル。特に速度

 こんばんは。真兵衛です。

www.jiji.com

 前々回の続きです。摘発の件数こんなにあるんですか・・と思ったんですが、まだまだ氷山の一角に過ぎないらしいですね…。東名高速のあの事故の件以来、煽り運転など、危険運転でのトラブルについてのニュースを報道するメディア増えてますね。やはりあちこちでこの手のトラブルが絶えず起きております・・。

 

 そのトラブルから死亡事故につながる最悪な事態が実際に起こっているわけですから、そう考えると改めて問われますよね。危険運転でのトラブルを減らすために免許を持ってるドライバー一人一人が心構えしなければならないこと。

 

 警察側は『思いやり運転を心がけましょう。』とよく呼びかけてます。ウィンカーを鳴らして合図を出して方向転換する、心にゆとりを持つ、各ミラーに目を配る、車線に合流する車に譲ってあげるなど、思いやり運転のために交通ルールはもちろんマナーとしても守るべき事項数々ありますが、その中に後ろから先を急いでいる車が来たら路肩に寄って進路を譲ってあげることも含まれていると思います。

 

 前々回のブログでも書きましたが、煽られると思ったら進路譲ってます。流れを悪くしますからね。確かに流れに沿った速度で走行することが大事だと特にベテランドライバーの間ではよく言いますが、私の場合後方からも車がいる場合は流れに沿った走行を優先しますが、後方に車がいない場合はやたら速度を出さずに速度標識に沿った速度で走ってます。

 

 一般道走行中、赤信号で待機したのちに青になった状況で私の前方の車は(信号赤の際、先頭で待機してた車のこと)発車時からガンガンスピード出してあっという間に置き去りにしますからね・・。おそらく速度標識よりも軽く15キロ以上は速度出してるでしょう。さすがにこれ程の速度で運転するドライバーに合わせるのが流れに沿った運転かと思うと疑問でしかありませんね…。

 

 いかんせん私も普段運転する側ではなく、免許を取って日が浅い、または偶にしか乗らない所謂『サンデードライバー』側なもんですから・・当然運転に自信があると聞かれてもYESとは答えられません。普段運転するベテランドライバーからサンデードライバーは何かと目の敵にされてますよね・・。不規則な動きを目撃するなりそこからヒヤリハット食らうなど運転が下手なあまり苛立つのですから。

 

 で・・コメント欄見てて、特にベテランドライバーはよくノロノロ運転するマイペースなドライバーに対して不満を漏らしますよね。ただし、一概に擁護できないんですよね。実際どれくらいの速度だったか知らないのはもちろんなんですけど、と言うのはノロノロ運転=法定速度・制限速度内で走ってたドライバーも含まれているのではないかと思います。これも前々回のブログでも書きましたが、その法定速度や制限速度内で運転してても煽られましたからね。だからそれもベテランドライバーの言うノロノロ運転に含まれていると考えざるを得ません。高速道路でも追越車線を利用しないのもそのため。制限速度の100キロで走っても後方から煽られると思いなるべく利用しません。それに・・オービスも設置している箇所ありますからね・・。そうでなくとも元々ジェットコースターなど高速な乗り物に乗るのが大の苦手なのもあって、追越車線を130~140ぐらいですっ飛ばす車に同乗した時はもう二度と同乗したくないと思いましたね…。たとえ130、140キロ以上出しても違反にならずともやっぱスピード出しすぎての運転は怖くてできません。

 

 それと「運転下手なサンデードライバーに歩調を合わせてられない。ベテランドライバーの歩調に合わせるべきだ。」というコメントありましたが、実は逆なんですよね。運転下手なサンデードライバーがベテランドライバーの歩調に無理矢理合わされているんですよ。車が生活の足の地方じゃ、当然ベテランドライバーの方がザラなワケで・・。「前の車がやたら遅い。」というようなコメント多かったけどそのベテランドライバーのコメ主は普段どれくらいの速度で走ってるんでしょうね・・。でも疾走する爽快感を覚えてるからより速度出して走行したくなる気持ちはわからなくありません。

 

 煽り運転などの運転トラブルを減らすためにも、ルールに沿った適切な速度で走行することも必要だと思います。しっかり法定速度が敷かれているわけですからね。それをいとも簡単に無視して走行していては当然前方の遅い車に苛立って運転トラブルを引き起こすだけでなく最悪な場合追突事故につながります。そうでなくともネズミ捕りに捕まり、速度違反で払う罰金も莫迦になりません。速度違反で捕まったドライバーの言い分は「他のドライバーだって速度違反してる。」そうならないためにもドライバー一人一人がルールに沿った速度で走ることで、事故に発展せずとも運転トラブルを減らす一歩になるのではないでしょうか。

 

 なーんて大雑把な持論を言ったところで所詮は一のサンデードライバーの戯言にすぎません……。もちろんサンデードライバーでもやたら速度出して走行するドライバーもいますからね。ハンドル握る上でモラルを保つためにも普段の運転をもう一度見直していかなければならないと思いました。免許更新での講習で、疎かにしていた部分も浮き彫りになりましたし・・。

 

 しかしこういう現実を突きつけられると、ますます車に乗るのが嫌になる人もいると思います。マナーの悪いドライバーがのさばっていては、ますます若者の車離れはおろか自動車運転免許離れ(もちろん若者に限った話ではなく)という最悪なシナリオも……。30代以降でも免許所持してない方実際いますからね・・。公共交通整備が整っている都会に住んでれば尚更のこと。ホント車社会も世知辛い・・世知辛過ぎる……。