読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2016-03-30 例の事件の報道で・・。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 いやぁ~・・暖かい。いいえ、暑いと言ってしまうくらいですよ。一気に季節が進んでます。そのため桜の開花がだいぶ早まるとのこと。去年より早いかも。

 

 ではさっそく本題に。某スポーツ紙にて15歳女子中学生監禁事件の犯人像で、あたかもアニメ好きを犯罪予備軍呼ばわりする記事に猛反発でしたね・・。

 犯罪の犯人像がアニメファンとわかると大々的に記事にして報道しますよね・・。「アニメファンは犯罪を犯す」と読者や視聴者を煽るためにこのように叩く。さすがにアニメファン一括りでこんな言われ方したら堪ったもんじゃありませんよ・・。実に短絡的ですよね・・。単に一記者個人でアニメファンに対する印象悪化の情報操作でしょうか。

 

 しかし・・これは今に始まったわけではなく以前からあったことですし、犯人がアニメファンとわかったという事実からその辺は仕方ないと思ってます。なので中には「もう慣れた。」「いつものことじゃん」とあまり騒がず至って冷静にいられた方もいたでしょう。

 

 だからと言って記者に対して「言わせておこう。」とは思いませんね・・。犯人像で必要な情報ではないから。もし記者側にとって都合が悪いと思ったら記事に書いたり報じたりしないでしょう。例えばアニメじゃなくてアクション洋画ファンとかだったら取り上げるだろうか?そこまで大げさに取りあげるとは思えません。よって犯人像でアニメファンだったと取り上げる必要なかったんです。

 

 ただ、アニメファンほど叩くのに好材料なものはないでしょう。読者や視聴者が多く食いついてきますし。もしかすると、この反発も計算のうちに入れてて多くの関心を集めようとこのように書いて報じたのかもしれません。そりゃ黙っちゃいられませんよね・・。

 

 アニメファンだから犯したのではなく、犯したその犯人はアニメファンだったという表現が適で、アニメファンにだっていろんな人がいるんです。自分みたいにプロ野球やサッカー、競馬などに関心のあるアニメファンもいるわけですし。それなのにアニメファン一括りで犯罪予備軍呼ばわりするのはいかがなものかと。実際アニメファンでなくとも犯罪を犯してますから。

 

 その理屈はマナーの悪い撮り鉄でイメージ悪くなった鉄道ファンでも言えることですよね。鉄道を撮る上でマナー悪いのはほんの一部なのですから。なのに、マナーの悪い撮り鉄を取り上げたマスコミのせいで鉄道ファン=マナーの悪いという悪印象を植え付けてしまったわけですよ。鉄道ファンになること自体マナー違反じゃないのと一緒で、アニメファンになること自体何一つ悪いことなんてありません!