読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2015-2-27 またしてもご無沙汰です・・。鉄道マナーの悪さから起きるトラブルについて

 こんばんは。真兵衛です。またまただいぶブランクが開いてしまいましたね・・。

 

 2月は明後日で終わり、北陸新幹線開業はもうすぐのと同時に、今まで鉄道界を彩ってきた寝台特急の引退が迫ってきましたね。

 

 そんなウキウキやさみしさが交錯する来月ではありますが、鉄道界で一つ大問題が。

 

 そう・・鉄道をカメラに収めるのを趣味を持つ鉄道ファン、所謂撮り鉄のモラルについてです。

 

 ここ数年、場所を不正にとって撮影したり、車掌や他の利用客に迷惑かけたり、さらには引退する車両を見送る際に、見づらいからといって罵声を浴びせて葬式状態にするなど、鉄道ファンのマナー悪さ、モラルの欠如が目立ってます。もちろん、その度にまとめブログなどで大々的に取り上げられ、他の鉄道ファンはもちろん、「これだから鉄ヲタは・・」と一般人からも侮蔑されてますよね・・。

 

 今となっては、すっかり鉄道ファン(という一括りで)に対して白い目で見るようになってきているのでホント嫌な時代ですよ・・。世間ではマナーのいい鉄道ファンが多いはずなのに一部のマナーの悪い連中のせいでイメージがガタ落ちしてとばっちりを受けているのですから。あまりにも不条理ですよね…。

 

 で、ひとつになる記事が。

 twitterではこのようにコメントしたんですが・・あとあと考えるとそりゃ運転士こんな風に怒るわな・・。人間ですもの。あれだけの大勢な乗客の命を預かって安全運転しているのにフラッシュたかれて事故になんてなったらえらいことですよね。そりゃカッとなりますよ。れきっとした業務妨害にほかなりませんし。相当ピリピリしていたでしょうね。

 

 しかしこの動画によって関係者によって調査され、その運転士に処分が下されるという始末。怒鳴った運転士は被害者なわけで、フラッシュたいた撮影者の方が悪いと思ったのですが。もし動画うpされてなかったら運転士にお咎めなかっただろうか?

 

 その辺から「うpした人が悪い」というコメントには同感でしたね。単にネタでうpしたんじゃないの?と思ったので。

 

 けれども・・運転士がフラッシュたいて撮影した人に対して怒鳴った様子の動画をあげたのも何らかの意図があったのかもしれません。車掌など鉄道に携わっている方達はそんな撮り鉄に対して厳しい目で見ているってことを伝えたかったのではないかと。

 

 ただ動画には残念ながらちゃんとした注意がなされてなかった様子も映ってしまいました。この後の車両のドアの乱暴な閉め方も含め、もうすこし言葉を選んで冷静に対処すべきだったってことですかね・・。これじゃあドラマや漫画などであわや交通事故というシーンに出てくるガラ悪めの運転手(「馬鹿野郎!気をつけろ!!」なんて言って去りますよねw)と一緒ってところか。

 

 とはいえ鉄道関係者はマナーの悪い、モラルのない鉄道ファン(って言うか鉄道ファンでなく、ただのゴロツキ)に対してより厳しい目で見ているということを改めて認識しないといけませんね・・。来月14日、トラブルなく無事に行われることを祈るばかりです。