真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

大変だぁ!!仙台首位陥落

 前半戦目標としていた勝ち点35を見事積み上げ、首位で折り返すいいペースで来ていたベガルタ仙台でしたが、後半戦の初戦の名古屋グランパス戦でスコアレスドローに終わり勝ち点1にとどまりました。後半戦に入って、早速夏場に苦戦している模様ですね・・。


 となると気になるのが2位のサンフレッチェ広島の結果。相手は川崎フロンターレ。かつて風間八宏監督が現役時代プレーしていた広島とあって意識は強いはず。


 「ヤッヒー頼むぞ!仙台に3−2で勝ってるんだから広島にだって勝てるよな!」と上位いじめを期待していたのですが・・。佐藤寿人の容赦ない2ゴールなどで結局0−3で川崎は広島に敗れました・・。


 3点取ってゼロ封勝ちなので得失点差が仙台に並び、総得点で上回ったので、広島が仙台に代わって首位に上がりました。


 た・・た・・大変だぁぁぁぁ〜〜〜!!!仙台が首位を明け渡してしまった!!


 これからが仙台のリーグ優勝を果たすための最大の山場を迎えるのではないでしょうか。


 なんとかして、仙台の夏場に弱いというレッテルを払拭してほしいです。


 話は変わりまして、凱旋門賞に出走するオルフェーヴルにクリストッフ・スミヨン騎手が手綱を取ることになりました。


 おそらく池江泰寿調教師は当初、オルフェのパートナー池添謙一騎手で凱旋門賞に臨むつもりだったのでしょう。しかし勝ちに行くためにロンシャン競馬場を熟知していて、凱旋門賞を勝った経験のあるスミヨン騎手に託す苦渋の決断を下したことは相当悩みに悩んだ結果でしょう。


 私としては池添騎手で人馬一体となって、日本で見せた強い競馬をロンシャンでも見せつけて、日本人騎手に勝利騎手が刻まれてほしかったところでしたが、このように決まった以上、スミヨン騎手に期待を託しましょう!!