真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

うーん・・残念すぎる・・

 ドバイワールドカップの結果


 去年の奇跡の再来とはいきませんでしたね・・。やはり世界の壁は高く、厚かったです。日本馬の最高位は6着のエイシンフラッシュでした。ちなみに有力視されていたスマートファルコンは10着、トランセンドは13着に終わっています。
http://www.sanspo.com/keiba/news/20120401/kei12040102530002-n1.html


 今年のドバイワールドカップを制したのは地元UAEのモンテロッソでした。2着のカッポーニとは3馬身ちぎっての圧勝。ゴール盤100mぐらい前でバルザローナ騎手は勝利を確信してましたね・・。


 いやぁ・・あまりにも予想外のレース展開でしたね。本来逃げのレースをするスマートファルコンがなんと最後方。前に行けませんでしたね。エイシンフラッシュは序盤は後ろに控えて追い込みに賭けるレース運びだったのでしょうけどレース終了後「少し後ろすぎた」とルメール騎手は振り返っていました。トランセンドは前に行って先行できたのですが徐々に他の馬が前に立つと本来のペースでレースができなくなってしまいました。


 結局最後まで精細を欠き、本来の走りができずに日本馬は敗れてしまいました。その日のコンディションもあるでしょうけど。とはいえ、とても残念な結果でした。


 一方ドバイデューティフリーに出走したダークシャドウは9着、アルクオーツスプリントに出走したエーシンヴァーゴウは12着、G2のUAEダービーに出走したゲンテンは14着の殿負け、G3のドバイゴールドカップに出走したマカニビスティーは10着に終わっています。何れも惨敗ですね・・。


 しかし来年こそリベンジしてほしいです!!これからが楽しみな日本馬はたくさんいます。それに今年の秋に行われる凱旋門賞にあのオルフェが出走するのでドバイで勝てなかった分、凱旋門賞で勝ってもらいましょう!!