真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

J1第3節

 昨日のベガルタ仙台はホームで大宮アルディージャに4−1で大勝しました。


 しかし立ち上がりは完全に大宮ペースでした。前半8分にチョ・ヨンチョルに先制を許しリーグ初失点を喫します。またチャンスを何度も作り仙台ゴールに迫りますが仙台の守備陣が粘りを見せ失点を許しませんでした。


 しかし、後半に入ると仙台が巻き返します。後半9分に太田吉彰が同点ゴールを挙げるとそこから怒涛のゴールラッシュ。15分には柳沢敦のシュートが相手に当たりオウンゴールで逆転し、28分に菅井直樹が3点目、そしてとどめを刺したのはまたしても太田でした。37分に武藤雄樹のドリブルからパスを受けて右足でフィニッシュ!太田は2ゴールを挙げ今日の試合の全得点はおろか、今季のすべての得点に絡む大活躍を見せ、見事にリャンの穴をしっかり埋めています。
http://www.sanspo.com/soccer/news/20120325/jle12032505050006-n1.html


 堅い守備で虎の子1点を守るサッカーが仙台のサッカーですが昨日は得点を貪欲に取る違うサッカーを見せました。これだけ点取れるということはチャンスを確実にものにできる抜群の決定力を付けているということです。このまま行ければ3位以内は・・と期待してしまいますがまだ3試合です。これを維持するためにも期待しましょう!!


 そんな中大宮の東慶悟が後半26分に負傷交代。ロンドン五輪へ行くためにも軽い怪我で済めばいいのですが・・。浦和レッズ山田直輝が怪我でロンドン五輪は絶望的らしいですし、これ以上五輪メンバー候補の怪我は避けたいところですね・・。


 他会場ではFC東京とヴィッセル神戸と要注意チーム同士の直接対決は2−0で昇格組のFC東京が制して仙台と同様開幕3連勝。また浦和レッズ柏レイソルが何れも2−1で逆転勝ち。またセレッソ大阪サガン鳥栖が1−0で下し鳥栖は嬉しいJ1初勝利。一方鹿島アントラーズサンフレッチェ広島に2−0で敗れ、アルビレックス新潟名古屋グランパスに2−1で敗れたほか、さらにガンバ大阪も2−1でジュビロ磐田に敗れ、この3チームは開幕3連敗を喫しました。


 気になる順位は得失点で仙台が首位。鹿島はノーゴールにより最下位となっております。まだ3試合が終わった地点ですからまだまだ分かりません。鹿島とガンバがここからじわじわ上がってくると思います。そして仙台は好調を維持できるのか!!?