真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

岩手の名手の引退とオルフェが・・

 今日のレースに触れる前にまだあのことについて触れてませんでした。


 そう・・今から13年前1999年のフェブラリーステークスで岩手の雄メイセイオペラに騎乗し、地方出身馬の初の中央G1勝ちをもたらした4000勝騎手菅原勲騎手が引退だそうです。その『名声』は今でも語り継がれています。


 岩手競馬よ言えばメイセイオペラの他に最近亡くなったトウケイニセイも思い浮かぶハズ。しかし岩手競馬からこれ程の伝説を残すから東北の誇りですよね。


 亡くなったトウケイニセイ、そして引退した菅原勲騎手本当にお疲れ様でした。そして岩手競馬を沸かせた感動ありがとう!!!


 話は変わって今日の阪神大賞典はマジビックリです・・。単勝オッズ1.1倍と2006年のディープインパクトと同じオッズのオルフェーヴルが2着に敗れました。


 そう、レース運びが何かおかしいのです。去年はためて、最後の直線で爆発させる走りをしていましたが、今日は途中から先行するなど行きたがり、掛かり気味。そして第3コーナーでなんといきなりずるずる後退したのです。オルフェにアクシデントがあったのかと思われましたがカーブするとき再びエンジンをかけ、最後の直線で猛追しますが先頭のギュスターヴクライに及ばず2位に敗れました。騎乗した池添兼一騎手はガックシと肩を落とし、「バケモノですね・・。」とコメント。確かにあれだけペースを落としながら2着。とはいえ、春の天皇賞はおろか、凱旋門賞に不安を残す内容と結果となりました。また去年の春の天皇賞ヒルノダムールも4着に敗れています。


 そういえば今日のサザエさんはパーでしたね。ただ今日のスマプリは午前から仕事のため出勤してたため見てません。先週キュアピースは初の敗北を喫しましたが今日はどうなのやら・・。明日は仕事休みなので、録画したから見るか。