真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

昨日のJリーグ

 JリーグJ1第2節の結果


 ベガルタ仙台はアウェーで横浜Fマリノスと対戦。大黒将志マルキーニョスなど強力な攻撃陣をどのようにして封じるのかに注目です。なにせ前節は王者柏レイソルを相手に互いに3点を取り合い抜群の攻撃力を見せつけました。それにあわよくば大黒の幻のゴールも含めれば4点取って勝っていたわけですし・・。勿論柏サイドからすればあわや大量失点の敗北かというところまで追い詰められたのですからね。相当厄介なことになりそうと思いました。


 しかし、ベガルタは持ち前の堅いディフェンスを見せて相手にゴールを許しませんでした。しかし林卓人小椋祥平と接触し、倒れ込むもガッツで立ち上がりますが鎌田次郎上本大海が負傷交代。次節以降どう守備を組むのか・・。


 試合が動いたのが前半43分でした。マリノスキラーの赤嶺真吾が空中に浮いたボールを競り勝ってヘディングで先制。さらに後半ロスタイムにPKで太田吉彰が決め、追加点。


 結局この2点を守りきり、仙台が開幕2連勝。やはり震災復興を祈るファンの熱い声援が選手一人一人に響いたのでしょう。2人の負傷交代がありながらも、選手全員で堅い守りで集中力を切らすことなくゼロ封勝ち。これは大きいですね。


 次節の相手はアウェーで浦和レッズ。その浦和はなんと柏に1-0で勝利。ホームで勝ったため試合終了後すごい「ウィーアーレッズ!!」の声援が響いていました。昨季柏の優勝を決めたのはこの埼玉スタジアム2002ですからね。なんとしてでも浦和は勝たなければならなかったのです。相当溜飲が下がったと思います。これもまた厄介なですね・・。しかも埼玉スタジアムですし。


 そのほかFC東京が昨季2位の名古屋グランパスを3-2で下したほか、川崎フロンターレ、注目のヴィッセル神戸は開幕2連勝。得失点差で神戸を上回り、仙台が首位に立ちました。


 また清水エスパルス大宮アルディージャセレッソ大阪ジュビロ磐田が何れも2-1で勝っています。大阪ダービーで敗れたガンバ大阪鹿島アントラーズアルビレックス新潟は開幕2連敗となっております。