真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

昨日の五輪出場を決めた試合の結果

 ロンドン五輪アジア最終予選バーレーン戦結果


 日本−0バーレーン


 前半は日本は果敢に攻めるが得点に至りませんでした。またバーレーンの波状攻撃を仕掛けるなど日本に絶命のピンチがあったものの、守備陣がナイスディフェンス。前半は0−0で折り返すと、後半に入り日本のペースになると後半11分に扇原貴宏が代表初ゴールを挙げる先制点を奪い、さらにその3分後に清武弘嗣が落ち着いて豪快に決めロンドン行きに手繰り寄せます。


 それからはスコアが動かず、日本が上手く時間をつぶし、相手のペースにさせませんでした。ボールポゼッションが日本が60%でバーレーンが40%ですからね。


 五輪出場となると、気になるのが五輪に出るメンバーでOA枠を使うのかどうかです。もし18人の中に入れるとしたら誰を使うのでしょうか。昨日のニコ生ユーザーの間では本田圭佑遠藤保仁長友佑都吉田麻也などの名前が挙げられています。本田や長友らのような北京世代が有力かと思われます。


 しかしメンバーは十分揃っていて五輪でもやれるのでは?と思いがちですが、北京五輪ではOA枠使用せずに臨んだメンバーでしたが、結果は1勝もすることもなく予選落ち。これを繰り返さないためにも行使すべきなのかとおもいます。