真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

内容はどうであれ大勝してよかった

 ロンドン五輪アジア最終予選対マレーシア戦結果


 日本−0マレーシア


 スコアを見ればなんだ、やればできるじゃないか!!という結果です。


 均衡が破れたのが前半の35分にこぼれ球を酒井宏樹が確実に押し込んで先制。ようやく日本にリズムが生まれると、前半の終わり44分に大迫勇也の半端ない追加点で完全に日本に流れをもたらします。この追加点が大きかったと思います。この1点取るかとらないかで大きく結果を左右していたでしょう。


 前半終了地点で2−0ですから昨日4−0、5−0での理想のスコアが見えてきて後半が始まると、前半の勢いそのままに攻めを見せ、後半10分に原口元気が3点目のゴールを決めると、そのわずか5分後に愛媛ッシこと齋藤学扇原貴宏ミドルシュートのこぼれ球をうまくゴールへ4点目。


 守備陣もサバンナ高橋に似ていると言われてる(ニコ生でww)GK権田修一が終始落ち着いたセービングを見せ、山口蛍や鈴木大輔らが気を吐いていました。また相手の拙攻にも助けられ、ゼロに封じました。


 この試合で特に扇原が光っていました。ちぐはぐだった流れを彼の働きによって変わったと思います。


 たしかに内容は反省点が多かったようです。とはいえ30度を超す猛暑に悪いピッチでの試合を強いられたため、特に序盤はボールが上手く渡らなかったりするなど試合運びが悪い展開でした。さすがに「これでは無理かな・・」とこぼれるくらいですから。


 試合終了後の権田のインタビューで「反省点ばかりです。」ときっぱり。


 なにせこの後行われたシリア対バーレーンの試合は2−1でバーレーンが勝利。次戦はそのバーレーンで最後まで油断はできません。


 ニコ生でコメを打ちながらテレビ観戦しましたが、今回のニコ生に元日本代表のあの前園真聖さんが解説してくれました。「もし前園が監督になったら?」と言う質問に「選手は全員ドリブラーです。」に吹きましたwww。見てみたいですね。前園さんが監督になる姿を。


 明日はキリンチャレンジカップアイスランド戦ですね。GKのスタメンにベガルタの林は出るのでしょうか?楽しみです。