真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

ウオッカらを生産した牧場が解散に

 谷水雄三オーナーが所有するカントリー牧場の解散が決定したそうです。


 ウオッカやその父タニノギムレットなどダービー馬を輩出する名門生産牧場です。その牧場が3月をもって解散する方向になりました。


 ということはそこで生産された馬は売却されるから勝負服変わるのかな?確かカントリー牧場の生産の馬に騎乗する騎手が着るのは黄色に水色の襷状のラインが入った勝負服ですからね。


 はぁー・・解散ですか・・。2002年のダービー馬タニノギムレットは変則2冠はならなかったけどダービーで後の年度代表馬シンボリクリスエスを勝つのですから。すごい馬でしたね。ただ、このレースが競走馬として最後のレースでしたが。とはいえ、松国ローテ冴えましたよね!(松国ローテとは松田国英調教師がNHKマイルカップを出走させ、中2週でダービーに出走させるローテーションのこと。過去に2004年のキングカメハメハや2008年のディープスカイが成功しています。変則2冠とはこのこと。因みにディープスカイ昆貢調教師管理馬。)


 それだけではありません!種牡馬になってもすごかったですよね。あの名牝馬を誕生させたのですから。


 タニノギムレットがダービーに勝った5年後、64年ぶりに牝馬がダービーを制するなど圧倒的な走りを魅せた名馬ウオッカです。


 ウオッカと言えば確かにダービーを勝ったというのもありますが、他にもすごいところがあります。09年のヴィクトリアマイルで他の馬をちぎって大差で圧勝した?まぁ・・それもありますね。08年、09年安田記念連覇?まぁ・・それもありますね。09年ジャパンカップを勝ったこと?・・まぁ確かに2着のオウケンブルースリとは際どい接戦でしたね。


 それよりもすごいのが08年の天皇賞(秋)です。この年の有馬記念を勝ったダイワスカーレットとの壮絶な牝馬同士の接戦となりました。なにせこのレースを実況した青嶋アナのゴール直前「大接戦!!大接戦どごぉーん!!!(正しくは「大接戦のゴール」)」ホント名実況ですよね!!ww。そして思わずファン目線で「すごい!!・・・・・・すごい!!・・・。」とすごいを連呼。なにせ勝ちタイムが東京2000mの当時のコースレコード1分57秒2です。昔では考えられない結果ですよね。(翌年、8歳で勝ったカンパニーもこのタイム。しかし去年の秋の天皇賞ではこのタイムを8着のミッキードリームがマークしました。)


 こう振り返ってみるとすごい親子ですよね。ウオッカとその産駒は継続して所有するみたいです。早くウオッカの仔が走る姿が見たいです!楽しみ!!