真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

ドラマティックな決勝戦

 高校サッカー選手権決勝戦の結果


 市立船橋(千葉)−1四日市中央工(三重)
       (延長1−0)


 今日の決勝戦は痺れました・・。前半始まっていきなり試合が動きます。


 前半1分に四日市中央工の浅野が先制ゴールを挙げて試合を優位に進めますが、次第に市立船橋が押し始めます。しかし、決定力に欠き膠着状態が続きます。このまま1−0で終わると思われた後半46分、和泉が起死回生の同点ゴールを奪い試合を振り出しに戻して後半終了。


 延長戦に入るとまたドラマが生まれます。試合が動かないまま迎えた延長後半5分でした。またしても和泉が値千金の逆転ゴールを挙げ、このまま終了し市立船橋は9年ぶりに優勝を飾りました。


 試合終了の瞬間、両校の選手や応援に駆け付けた生徒らが涙するところが印象的でした。いやぁ〜・・こんなドラマティックな試合を誰が予測したでしょうか・・。まさにスポ魂映画でも見ているようでした。両校とも最後まであきらめずに果敢にプレーした姿は高校サッカーの醍醐味でもあります。この溌剌としたプレーに拍手を送りたいです。本当に感動をありがとうございました!!