真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

際どいレース。最後に笑った馬はどっちだ!!?

 今日行われた東京大賞典はとても痺れる見応えのあるレースとなりました。(トゥインクルレースではないのですね・・失礼しました。11月までですね。)


 東京大賞典の結果


 レースは終始スマートファルコンが先頭でレース運びをする展開でそのまま最後の直線で壮絶なデットヒートが繰り広げます。


 スマートファルコンがそのまま後続を突き放して勝つのかと思いきや、ワンダーアキュートが猛追。ゴールに近づくにつれどんどん差が縮まり、2頭ならんでのゴールと去年の有馬記念を彷彿させる2頭による激しい1着争いは首の上げ下げでぎりぎりハナ差で王者スマートファルコンが逃げ切る結果となりました。


 私はついにスマートファルコンの牙城が崩れたと思いました。結果を知るまですごくドキドキしました。こんな結末誰もが予想しませんでしたから。


 しかし、どんな形であれスマートファルコンが制し、今年もダートの王者に君臨しました。まだ勢いが残っているうちにドバイでトランセンドとの真の決着をしてヴィクトワールピサに続いて世界一を勝ち取りたいところです。


 因みに3着は4番人気のテスタマッタとなりました。また私の対抗の2番人気ヤマニンキングリーは最後の直線でなかなか伸びず6着に終わっています。(昨日私が予想してから人気順を見たらきれいに1、2、3番人気の馬を予想してたのね・・。予想したときはまだ人気順、オッズが出ていなかったので)