真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

行ってきました。

 昨日の予告通り、ジャパン・イラストレーターズ・フェスティバルに行ってきました。


 13時開始ですが、その1時間半早く11時半に会場の入り口で待機しました。前回2年前に行ったときは、14時時点で1時間待ちを喰らいました。その教訓のもと早く並んだわけです。


 11時半の時点でもうすでに10数人並んでいたため、イベント開始時間には相当な列ができるだろうと思っていました。


 入り口で待つこと1時間20分過ぎ、ついにスタッフから会場への入場許可が下り、続々と入り口をくぐって受付に。全体的に前にいたためすんなりはいれました。しかし、後ろを振り向くと、思っていたほどの行列ではありませんでした。


 いよいよ私も受付の前に立つとスタッフが、「あなたの好きなイラストレーターは誰ですか?」と聞かれ、「そうですね・・(げっ・・それも聞かれるのか!?まいったなぁ・・どれもすばらしい方ばかりで甲乙つけ難い・・)」と一瞬言葉を詰まらせるも、「鈴平ひろさんですね。(ファントムブレイカーというXbox360から出ているギャル格ゲーが気になっていたので)」でもこれは多答でよかったそうですorz。(わかってたら「ロウきゅーぶ!」のてぃんくるさんや「MAGネット」や「あきたこまち」などで有名な西又葵さんなどを挙げてたのに・・。)


 いや〜、どれもこれもふつくしいイラストばかりで目も心も癒されます。特に目に留まったのがやはりてぃんくるさんのイラストですね。ゴスロリのイラストが多く、ちょうど場内にロウきゅーぶ!のOPソングが流れているためか作品に溶け込めました「まったく、ゴスロリは最高だぜ!」(ってネタバレになってないか?明日行く人もいるのに・・)


 また、スタッフと「どう?楽しんでますか?」と聞かれ、「いやぁ〜どれも素晴らしい作品ですねぇ。」「作品の値段を見て驚いた?」「そりゃあもう。さすがそれだけの価値があるってことですよね。うん十万もするのですから。」など談笑しながら鑑賞しました。また、作品でライトに照らすことで臨場感を醸し出し作品の世界に魅かれたりもしました。こんな鑑賞の楽しみ方もあるのです。


 そんな中、一つの大きな収穫がカントクさんです。このイベントに行くまではまだ存じなかったのですが、今回のイベントで作品を見て気に入りました。そのためかカントクさんの画集を一冊買ってしまいました。(深崎暮人さんとの生対談も見たかったのなぁ・・)


 行ってきてよかったです。偶然の休みだっただけに久々にいい1日だったと思います。


 アルゼンチン共和国杯の予想 
 ◎ヒートブラック
 ○オウケンブルースリ
 ▲ネコパンチ


 みやこステークスの予想 
 ◎エスポワールシチー
 ○ワンダーアキュート
 ▲トウショウフリーク


 と、ほぼ適当に予想してみました。ヒートブラックは前走の京都大賞典は2着。この勢いをそのまま見せればいいのですが、ただ府中の左回りでどうなのか注目ということで本命に入れてみました。あとは私の好きな\マッサミ~ン/騎手の手綱に期待ですね。エスポワールシチーは前走南部杯で惜敗しているため、その雪辱を晴らすべく、JCDにいい形でステップしてほしいということで本命に挙げました。相変わらず予想に関しては素人ですね私ww。


 最後に、QMAプレイしました。その模様は明日のブログに書きたいと思います。今日マッチした方、ありがとうございました!!

 ↑そういえばこの前買えなかったユリイカ買いました。 まさか本当に「みかしーオワタ」というタイトルで入っていたとは・・。帰る前にとらのあなに寄ったのですが、そこでまさかその曲が流れるなんて・・。流れたときは危なく噴きそうになりましたwww。