真兵衛の徒然ブログ

思ったことを書いたり、旅日記綴ったり。因みに現在Twitter休止中です。

2018-07-18 殺人的な酷暑に見舞われる日本各地

 こんばんは。真兵衛です。

 

 いつまで続くのやら…。まだまだ大熱波から抜け出すトンネルが見つかりません……。西日本豪雨で被災した県は勿論、群馬県岐阜県、愛知県、京都府など福島県山形県から南の地域で山間部を中心にもはや殺人的な酷暑が続いております。で・・今日、岐阜県の多治見市で40℃以上を観測。まだ7月で40℃ですか…。子どもたちはまだ夏休み期間に入ってないんですよ!!?こんな暑さの中で登下校していると思うと・・。小学1年生の男子児童が熱中症で死亡するニュースも入っていて、エアコン設置してない県の教育委員会は真剣に取り組むべきですよね。因みにビル熱で気象の気温よりもさらに上がる東京ではエアコン設置してる公立小中高の割合がほぼ100%と聞きました。猛暑日が続くとなると猶更エアコン設置しないとダメでしょう。

 

 では、そう言うキミが住む県は?そうですねぇ・・石巻気仙沼、岩沼など太平洋沿岸地域ではなく、白石、丸森、大衡、古川のような陸地のエリア在住ということで、学校にエアコンはあった方がいいですね。え?絶対必要だろ!!じゃなくて?ちとそこまでは言い切れないんです・・。

 

 というのは、私の学生時代、小中高と至って扇風機かけて授業でしたのでw学校でエアコンとはほぼ無縁でしたね。あるとしたらパソコンが置いてある情報処理室ぐらいでしょうか。あと職員室とか・・。それでも今思えばエアコンレスでよく授業やってこれたなーって思います。私の学生時代と今の気温はそれほど変わっておりません。が!・・93年、また受験シーズンの夏に記録的な冷夏に見舞われて追い風になった夏もありましたね。そういった夏を経験したので、エアコン何が何でも必要!!・・と、強固に言い切れないんですよ・・。しかし!猛暑日にならずとも熱中症で倒れる児童や生徒は必ず出ているので必要だと思います。3年前だっけ?県内で37℃を観測した地点があったので。そう考えるとあるに越したことはないというかあった方がいいですね!熱中症で死者が出てからでは手遅れですし。

 

 そもそも今の各家庭でエアコンレスの家は無いと思うんですよ。暑くなる度にエアコンの効いた空間で過ごすことがクセになっているため、それで外出した時に体が暑さについてこれずに熱中症に繋がってると思うんです。大人世代からは「我々が子供の頃はそこまで暑くなかった。」と言う一方で、「今の2、30代の大人世代が子供の頃の気温とは左程変わっていない。」と見解。うーん・・30℃以上の暑さでふつーーーに運動部やっていた自分としては暑さに対する体の慣れでしょうかねぇ・・。でも、こまめに水分補給はしろ!とよく言われましたね。それを守らないと体調管理ができてないとして練習させてもらえないくらい・・。

 

 もうすぐ夏休みではありますが、特に授業が早く終わる小学生の低学年は最も暑い時間帯での下校ですから猶更注意ですよね…。

 

 最後に。3連休の最終日の未明に行われたW杯決勝戦は若手中心のフランスが20年ぶりの戴冠!!ファンやメディアの間でPKの判定で物議があったことやサポーターが乱入する珍事もありましたが・・。そんな中で4点目を決めたエムバペ(ムバッペとも)またまたハンパなかったですよ!!デシャン監督は現役で優勝し、監督でも優勝という偉業ですか!自国開催時戦友だったアンリ(ベルギー代表コーチ)も祝福してましたね。一方クロアチアも4失点ながら2点返す意地も見せ準優勝でした。MVPのモドリッチは年齢的にも今大会が最後でしょうか・・。大舞台でまだ見たかったですよ。約1か月に及び数々の激闘、心からお疲れ様でした。そして今日からJ1のリーグ戦再開!サガン鳥栖トーレス、そしてヴィッセル神戸にはイニエスタと、共にスペインの至宝がJでどこまで活躍するかとても楽しみです!!

2018-07-10 ブレつつあるトヨタとブレないスズキ

 こんばんは。真兵衛です。

 

 本題の前に。西日本にもたらした平成30年7月豪雨は過去最悪な規模でした。この災害による死者も150人を超え、行方不明者も50人をゆうに超えています。救助隊が厳しい暑さの中、懸命な捜索活動が行われてます。一人でも多く無事に救助されることを心からお祈りします。また、ライフラインも復旧のめどが立っておらず、食糧や生活用品などの支給も懸命に行われております。しかし道路もあちこちで寸断されてとても輸送が困難な状態が続いております。この光景を目にして、東日本大震災の頃を思い出しますね……。この災害で亡くなられた方々へ心からお悔やみを申し上げると共に、被災地へ、心からお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈りします。また沖縄では台風8号、北海道では日照不足ですか…。今年の夏は例年にない風雨の災害に苦しんでますね……。

 

 さて本題へ。SUV好きにとって待ちに待った新型ジムニーが!デザインからとても好感が持てます。これもまた乗ってみたい車の一つですね。とりわけ冬場は活躍しそうです。なので寒冷地で需要ありそうかと思いました。車ファンの間では「排気量1.5リッターのシエラ欲しい。」「5ドアボディ出たらますます欲しいな!」という声がちらほら。また5MTも用意されてるのも嬉しいですね。スズキはコンパクトサイズの範囲で庶民向けの車を出してる印象があります。他メーカーからすればとても地味な戦略ですが、私好みな車があって、個人的に好感が持てます。まだまだ離合が困難な狭い道多いですからね・・。

 

 ただ・・その一方、国内車最大手のトヨタはオーリスの後継モデルとしてカローラスポーツがリリースされました。で・・サイズの車幅は1790mm。カテゴリーはコンパクトに含まれてますが「どこが‼?」って思いましたよw若者向けの車というのがコンセプトらしいですがそれにしてはデカいですね…。これを皮切りに、今まで庶民向けに展開してたカローラアクシオ(セダン)とカローラフィールダー(ステーションワゴン)の3ナンバー化を図るとの事。これも海外戦略上の問題からでしょうかね。しかしまるでスズキが目指す方向とは真逆に行っているような気がしてなりません・・。

 

 それからもう一つ。販売宣伝が上手なトヨタではありますが、カローラスポーツのCMを見て・・「何だこれ……。」って思いました。原曲のTHE BOOMやアカペラ版でカバーしたINSPiなど『風になりたい』は嵌った曲です。で、そのアーティストはこのCMどう思ってるのやら…。

 

 この話はこれくらいにして最後に。いよいよ明日の未明から決勝戦をかけて欧州の強豪同士の対戦ですね。明日の未明からフランス対ベルギーと、今大会屈指の好カードが組まれてとても楽しみです。ただリアルタイムで観るのは無理ですね……。

2018-07-05 準々決勝。注目のカードは!?

 こんばんは。真兵衛です。

 

 明日からW杯準々決勝突入ですね。日本は残念ながら8強入りを逃しましたが、しかし!白熱する展開はここからです!!

 

 しかし・・決勝T1回戦で、スペインやアルゼンチン、ポルトガル、メキシコ、コロンビアなど強豪国が敗退してしまい、ロシアやクロアチア、スイス、スウェーデンとダークホースな国が残り予想が難しい展開ですね・・。

 

 やはり注目されるカードはブラジル対ベルギーでしょうか。ここで強豪同士で対戦するのが実にもったいないカードですよね・・。せめて準決勝まで残したかったでしょうwそれだけでなくフランス対ウルグアイも強豪同士のカード。どちらが勝ってもおかしくありません。

 

 イングランドスウェーデンは一見イングランドが有利か?と思いがちですが、このカードも蓋を開けてみないとわかりませんね。思えば以前イングランド代表の指揮を執っていたエリクソン元監督もスウェーデン人でした。そういった縁もありとても楽しみなカードです。イブラヒモビッチが抜けて戦力ダウンかと思われてたあのスウェーデンが8強入りを誰が予想したのでしょうか・・w私個人的にはこのカードが一番気になります!(千反田える風に)

【TAS】 実況ワールドサッカーファイティングイレブン - ニコニコ動画

 イングランドスウェーデンと聞いて・・サッカーゲームのカオスな動画を連想した方いるかと思うんですよww腹筋崩壊待ったなしですw

 

 一方・・大穴なカードがクロアチア対ロシアでしょうか。しかしアルゼンチンを押しのけてグループ首位で通過したクロアチアに対して大穴は失礼ですかね・・wホームの勢いで8強入りしたロシアもスペインを破ってますし、ジャイキリした国同士ですからこれもまた侮れないという意味で楽しみです。

 

 最後に。西日本や北海道などで記録的な大雨に見舞われていますね…。今週末も引き続き大雨、そして土砂災害に注意が必要です。強い揺れを観測した大阪府北部も対象ですので。一方こっちは猛暑から一転してオホーツク海高気圧によって気温が低下。過ごしやすくなってますが、体調管理に気を付けましょう。

2018-07-04 ルールはルールですよね。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 本題の前に。これまで落語界を引っ張ってきた桂歌丸さんがお亡くなりになりました。81歳でした。小さい頃、毎週日曜の夕方5時半から大喜利が楽しみで笑点見てました。近年までは司会を務めてましたね。闘病しつつ、酸素チューブをはめながら欠かさず寄席の公演に立ってました。同じ笑点のメンバーだった落語界の重鎮や弟子ら相次いで哀悼の意を表してましたね・・。謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

 さて本題に。

sirabee.com

 コンビニの店員にとってこれは頭痛の種でしょう…。ただでさえコンビニで覚える仕事が多いというのに、こういったあまりにも身勝手な客には手に負えません…。しかし記事にはとても違和感を覚えました。年齢の確認という全コンビニにおけるスタンダードなルールに激怒してレジを壊して逮捕された男性に同情という・・。同情した連中はなぜこのようなルールを敷いているのかわかっているのでしょうか?恐らくその重大さをわかってないと思うんですよね。コメントにもありましたけど一人でも未成年に酒・煙草を提供してしまうと下手すれば営業停止に追い込まれてしまうそうです。そもそも未成年の購入への対策ですし。「はい」という20歳以上の承諾ボタンを押すのがそれ程億劫なことなのでしょうか?アンケートで6割も年齢確認は無意味と答えていたことも驚きでしたね・・。

 

 しかし購入時に確認しなければならないというれきっとしたルールがある以上はそれを順守しなければなりません。と、割り切って店員は客に同意を求めてるわけですからね。そのボタンをワンプッシュして買えばいいだけなんですよ。ハタから見てただそれだけに過ぎません。それを無意味だと考える客はモラルの欠如が伺えますね・・。以前あおり運転など危険運転について触れたときも書きましたけど、たとえ意味はなくてもルールは守るためにあるもの。破るためにあるルールなんて日常的にめったにありません。当然ながらコメント欄は「多寡がそれでキレるとか精神年齢が子供のまま。」「年齢確認が無意味かどうかは客が言うことじゃない。黙って店員の指示に従って買えばいい。」「俺が店員ならこんなことでキレる客に酒・煙草は提供できない。」「そんなに文句あるなら店員じゃなくてルールを作った上層部へ訊くべきだ。」など、店側へ全面支持する声が圧倒的に多かったです。

 

 まぁ・・しかし、ルールに素直に従って購入すればいいものを面倒・バカバカしいなどからなぜか自分に都合のいい勝手なルールを設けてイチャモンつける面倒な客がいるもんですからその対応が大変ですよね・・。フジテレビで月曜20時前からやってるスカッとジャパンで毎週のようにコンビニ店員へデカイ態度をとるマナー最悪な客とか取り上げてますからw前のブログで無免許運転で事故について触れた際、ルールを平気で破る子供達(と書いて『悪ガキども』と読む)についても書きましたけど、そんな調子のいい子供達もまた自分都合のルールを勝手に作って世の中のルールを破るスリルに陶酔してるのではないかと思うんですよ・・。ああいった連中が20歳超えても精神年齢が未成年のままでは酒やタバコを提供する気にはなれませんね…。一人が事故死した中学生の無免許運転の件で、酒も見つかったそうですし・・。ルールを平気で破る連中がいてホント悩ましいです。

2018-07-03 健闘むなしく決勝T1回戦で散る・・。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 いやぁー・・行けると思ってたんですけど…やはりW杯はそう甘くないですね…。世界のサッカーファンに改めて認識したことでしょう。『2-0は危険なスコア』ということを。

 

 後半早々、原口と乾のゴールで立て続けに2点取って大方の予想を覆す展開に驚きを禁じえませんでしたね。起きてハイライトで観たのですが、正直まさかこうなるとは・・と思ってました。守備の要コンパニがコンディション不調なだけに一気に畳みかけようとチャンスは作るもゴールに入らず。

 

 しかしその後、フェライニとシャドリを投入した辺りから徐々に流れはベルギーに。後半24分、フェルトンゲンのゴールで失点したシーンは、クロスがそのままゴールに吸い込まれた形。不運でもありますね・・。また2失点目となったフェライニは高さを持ち味発揮してのゴール。日本の弱点を突いてきましたね・・。精度の高いクロスをドンピシャで合わせてました。ポーランド戦で日本の失点シーンを参考にしっかりシュミレートしてきたのではないかと思います。

 

 それでも日本はめげずにポーランド戦とは正反対で必死に点を取りに行くべくチャンスを作りますがなかなかゴール揺らせず。そんな中このまま延長戦か?と思われたアディショナルタイム48分、日本前がかりになったところでベルギーが一気にカウンター。そこから最後シャドリが押し込んでこれが決勝点……。マルティネス監督采配ズバリでしたね。途中から入ったフェライニが同点弾、そしてシャドリは最後の最後で決勝点ですから。

 

 試合後西野監督は「何か足りなかったでしょうね。」と振り返ってました。就任から僅か3か月での本大会。ここまで仕上がるなんて誰が予想したでしょうか。素直によくやったと褒めて労をねぎらっていいと思います。そのようなコメントが多く目にする中で、「決勝Tに勝ちあがるだけで満足したり、そこで負けたのに今までよくやったと褒めてはそこから向上しないのでは?」という辛辣なコメントもありました。決勝T初戦の壁は厚いですね…。甲子園の白河の関越え(甲子園の東北勢優勝)ぐらい壁は厚いと思います。ただ・・今回は本大会開催3か月前の突然監督交代してこの結果なので素直に褒めたいです。心から本当にお疲れ様でした。そして激闘ありがとうございました。夢を見させてました。

 

  4年後、誰が主役となってW杯出場するのか、今から楽しみです。世代交代の時期だけにより過酷な4年間になると思いますが、これは避けては通れない試練。まずは再来年の東京五輪で次々と主役に名乗り出るような活躍に期待です。次こそは8強入りを!!

2018-07-02 夏になると厄介な存在・・。

 こんばんは。真兵衛です。

 

 昨日から上半期が終わって7月に入ったのですが、いきなり真夏の暑さでしんどいです…。もう既に本格的な夏は到来しております。それでも海開きがまだの個所が多く、遊泳できない状況です。にもかかわらずその海で水難事故で無くなるニュースが・・。海や川などで泳ぐとなると水難事故も付き纏います。気を付けないといけませんね・・。もちろん熱中症対策も万全に!

 

 こういった夏特有の事故もそうなんですが・・厄介なのはそれだけではありません。

 

 午前5時頃、国道で中学生5人が乗った乗用車が中央分離帯に衝突し、その一人の女子中学生がシートベルト装着してなかったため、その弾みで投げ出され、頭を強く打つなどしてのち死亡するとても痛ましい事故が起きたニュースが時事通信などで報じられてましたね。

 

 これもまた夏特有でしょうか・・。とりわけ夏休みの時期だと羽目を外すあまり、警察沙汰までに発展するような事件起きますよね・・。もちろん中高生に限った話ではありませんが。ただ、中学生になると多感な時期故に『悪いことをするのがカッコイイ』という錯覚から車やバイク等の無免許運転をしてしまい、事故を起こす最悪な事態になるんです。今回の事故のケースで、無免許運転してた・同乗してた中学生にはその『悪いことをするのがカッコイイ』という心理が働いてたと考えられます。それはあれこれ注意が煩い親や先生らに対する反抗から引き起こすのでしょう・・。丁度反抗期だったから。社会心理学碓井氏曰く、「子供はルール破りや、スリルを楽しむ。」(yahoo記事のコメント欄から一部抜粋)やはりこういった調子のいいやんちゃな連中は「自分は大人だ」と背伸びをするためルールを破る、そのスリルを楽しむ方向へ進んで親や先生らに反抗すると考えられますね。「親や先生に言われなきゃ何もできないほど子供じゃない」と言いたいんでしょう。

 

 しかしDQNと呼ばれるこのような連中が公の場で羽目を外すことで周囲の人たちに迷惑がかかるのでとても厄介です…。のさばらせてはなりません。ただ、今回の事故は対向車など周囲に害が及ばなかったのが幸いでした。大人の我々からすれば、やはり学生らしく節度をもって生活してほしいものですよね…。よく子供に「ああいう大人になっては駄目だよ。」と躾けますけど、私なら「ああいう少年・少女になっては駄目だよ。」とも躾けると思いますね。言わずもがな無免許運転だってれきっとした少年犯罪ですし。繰り返しますがもちろん中高生に限らず大の大人も然りです。外見・年齢は大人ですが中身は・・というDQNいくらでもいますからとても残念なことに……。夜中に交通量のない道路を爆音あげて猛スピードで疾走する輩とか。

 

 最後に。まさか・・スペインが‼そしてポルトガルやアルゼンチンも・・。決勝T1回戦で特にロシア対スペイン戦は1-1でPK戦までもつれてスペインは2つPK失敗してロシアが勝利。いやぁー・・わかりませんね…。強豪国が勝ちあがるとは限らないのがW杯と知ってはいても、PK戦までもつれて敗れるなんて予想がつきません。・・てことは・・イニエスタここで代表引退ですか・・。こんな形で代表引退とは…。もう少し代表メンバーとしての雄姿を見たかったですよ・・。とりわけヴィッセル神戸サポーターはそう思ったでしょうね。長らく無敵艦隊の中枢を担っての活躍お疲れ様でした。Jでの活躍も期待してます。そして日本代表は明日未明、強豪ベルギーと対戦です。終盤バックパスで時間稼ぐような世界のサッカーファンをガッカリさせるようなプレーはないと思います。FIFAの規約通り、死に物狂いで勝ちに行きましょう!!がんばれニッポン!!

2018-06-30 グループリーグ終わって、印象に残ったのは?

 こんばんは。真兵衛です。

 

 昨日で全グループリーグの日程が終わったわけですが、全体的に強豪国が苦戦する印象がありましたよね。特に・・前回王者ドイツが第3戦で韓国に敗れてしまい、グループリーグ最下位で敗退という、前大会王者が敗退する大波乱というジンクスが続いてしまいました…。ファンからコメント多かったのが「マンCで大活躍のザネをなぜメンバーから外したのか?」「戦犯はエジルだろう。あとケディラも?」という意見でしたね。確かに大会前から数々の問題抱えてましたね・・。いやぁ・・ラームやクローゼ、メルテザッカーシュバインシュタイガー、そして神戸でプレーするポドルスキーが抜けても問題ないと思われてましたけどまさかこうなるなんて・・。ショックです。スウェーデン戦では終盤クロースが逆転ゴールを挙げてゲルマン魂発揮したときはまだ大丈夫だ!・・と思っていたのですが。

 

 ただ溯れば2002年はフランス、2010年イタリア、前大会の2014年でもスペインがまさかのグループ敗退でした・・。因みに2002年優勝したブラジルは2006年、決勝T進出も準々決勝の対フランス戦でアンリのゴールに沈んだんですよね。これは覚えてましたねwこの頃までアンリ半端なかったですからw(特にアーセナルで)

 

 そんな屈辱から4年たって臨んだ本大会で、しょっぱなから決勝Tまで残したいくらいな超好カードでしたよね!対ポルトガル戦で3-3と壮絶な点の取り合いの末引き分けました。しかもポルトガルはあのクリロナハットトリック!!いきなり魅せました!思えば大会直前で監督が代わり、イエロ新監督で大会に入りましたし、そこでこの内容ですからスペインは実力ありますね。ただ・・代表時代守備の要として活躍してきたイエロ監督にとってほろ苦いスタートでしたけど・・w

 

 ドイツが最下位で敗退したグループFの話に戻りますが、そのドイツじゃなくて首位で勝ち上がったのがスウェーデンであること。正直私は3位で敗退だろうと予想してました。しかし・・よく考えれば・・欧州予選のプレーオフ、あのイタリアに勝って本大会出場を決めたんですよね!それなのに3位で敗退予想はあまりにも失礼でした・・。過小評価申し訳ないです・・w第3戦ではドイツに勝ったあのメキシコに3-0で勝利。第2戦でドイツに敗れて追い込まれてからこの勝利。逆境に強いですね!決勝T初戦はスイスと対戦。どっちが勝ち上がってもおかしくないカードです。そう考えると日本は首位で勝ち上がりたかったですよねー!!決勝Tもし史上初の初戦突破すれば次はスウェーデン・スイスの勝者と対戦ですからベスト4への勝算ありますよ!とは言っても、準々決勝がブラジル・メキシコの勝者と対戦比べればの話ですが・・。その前に初戦はあのベルギーですし・・。

 

 その初戦の相手のベルギーはもちろん、イングランドも半端なかったですねwグループGは予想通りの結果。しかもどちらとも大量点で勝つ試合もありました。同グループのチュニジアパナマを相手に圧倒的な強さで勝ち上がりました。

 

 次はグループC。予想ではアルゼンチンが首位突破でしたが・・そのアルゼンチン、苦戦しましたね。初戦は初出場のアイスランド戦。アグエロのゴールで先制するも追いつかれてほぼ敗北の引き分けでしたね。激戦区の欧州予選を勝ち抜いた実力が伺えます。そしてクロアチア戦ではモドリッチのナイスゴールなど0-3と撃沈。背番号10でメッシとモドリッチの好不調対照的でした。それでもアルゼンチンは第3戦のナイジェリアに勝って2位通過。ただ初戦いきなりフランスと対戦です・・。グリーズマンやジルー、ポグバらを擁する強豪相手で厳しい初戦になるでしょう。また首位通過のクロアチアデンマークと対戦。スイス対スウェーデン同様ダークホースな国同士の対戦でどちらが勝ちあがってもおかしくありません。スペインにとって、準決勝までの道のりはそれほど険しくない?しかし初戦は完全アウェーですし、そのロシアは初戦のサウジアラビアから大量5点取ってFIFAランクはアテにならないことを証明しましたからね。何が起こるかわかりません。イエロ体制の真価がここで問われるでしょう。

 

 今日から決勝T1回戦始まります。本当の戦いはここからですね。日本も初戦突破したいです!対ポーランド戦のような試合には絶対ならないでしょう。